テーマ:百田尚樹

『風の中のマリア』(百田尚樹 /講談社文庫) :感想

 本作の主人公は、「疾風のマリア」という異名を持つ名うての戦士。  戦陣を切り裂く、一騎当千のオオスズメバチです。  人間の世界の話かと思いきや、読み始めていきなりオオスズメバチの世界でしたから、意表を突かれました~。  マリアの武勇伝と冒険譚の形式で、オオスズメバチの世界や生態が非常に詳しく語られていきます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『幸福な生活』(百田尚樹 /祥伝社) :感想

 本作の著者は、「探偵!ナイトスクープ」など多数の番組の放送作家である百田尚樹氏。    幸せな家族。    しかしその中から毒や闇が・・・という感じの短編集です。  構成としては……幸せな夫婦や家族の描写で始まり、終盤に近づくにつれて何となく変な雰囲気がもやもやしだし、そして最後のページをめくったところに、オチが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more