テーマ:誉田哲也

『武士道エイティーン』(誉田哲也 /文藝春秋) :感想

 剛の香織と柔の早苗、2人の剣の物語も遂にクライマックス!  激突する2人、舞台はインターハイ!  この対戦が2人の武士道が集約されたものであるのは間違いないですが、そこだけにスポットが当てられているわけではなく、タイトルの通り、「エイティーン」の一年間の成長が読みどころだと思います。  (反対に、メリハリが薄いという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『武士道セブンティーン』(誉田哲也 / 文春文庫) :感想

 このシリーズは、誉田哲也さんの他の作品と比べると、相当雰囲気ちがいますよね~。  ホラーサスペンス系から入った私にはかなり新鮮です。 さて、本書では、高校2年に進級した二人の成長を描きます。  福岡・福岡南の早苗と、神奈川・東松学園の香織。  転校により離れ離れになった二人の剣士。  そし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『武士道シックスティーン』(誉田哲也 /文春文庫) :感想

 剛の磯山香織と、柔の甲本早苗。  異なる剣の持ち主が好敵手として向き合う青春剣道ストーリーです。    中3の9月、市民大会。  全国中学生大会準優勝の香織は強さを見せ付ける。  四回戦でまみえたのは、奇妙な対戦相手・甲本早苗。  強さが感じられない早苗に、香織は敗北した。  負けた理由を明らかにする…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more