テーマ:ビートたけし

『間抜けの構造』(ビートたけし /新潮新書) :感想

 お笑いでも、テレビ・映画でも、芸術・スポーツでも、どんなものでも「間」が大事。  ビートたけし氏が、自らの体験と哲学を踏まえて「間」について語るのですが、たけし氏ですから上から毒舌でガツンガツンときます(笑)。  一番なるほどと思ったのは、議論における間の取り方の話。  反対意見を述べるときのテクニックについ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more