『名もなき毒』(宮部みゆき /カッパ・ノベルス) :感想

 青酸カリのような直接的に作用する毒物以外にも、濃淡の差こそあれ、この世に根深くはびこる様々な毒。本作は、タイトルの通り、「毒」にスポットを当てた物語です。


あらすじとしましては・・・・・・・・・


 頻発する青酸カリ毒殺事件が世を騒がす中、杉村三郎は、トラブルメーカーのアルバイト社員・原田いずみにクビを言い渡す。

 いずみは、クビの恨みと言うには度を超えた、尋常でない行為を続ける。

 なぜ執拗に杉村に絡むのか。

 いずみを動かしているものは何なのか。もう、止まることはできないのか・・・・・・


 一方、杉村は、ひょんなことで知り合った毒殺事件被害者の孫娘・古屋美知香から相談を受けた縁で、事件を調査することになる。

 私立探偵の北見、ジャーナリストの秋山らからの有形無形の協力も受け、杉村は少しずつ事件の真相に近づいていく。


 事件の終局が見えたとき、原田いずみが現れるのだった。


 そして、いずみの狂気が事件を予想外の結末へと向かわせる--------


・・・・・・ざっくり言うとこんな感じのお話です。


 
 人を直接的に殺す毒と
 
 じわじわと人間を蝕んでいく毒。
 

 それが化学的な毒物であれ、狂気と呼ばれるものであれ、人は毒と呼ばれるものへの抵抗力はほとんどないように思います。(まあ、だからこそ毒と呼ばれているのでしょうが。)

 人間に限らず、企業やら社会だって同じですよね。

  
 一度蝕まれてしまうと、浄化することはできないのでしょうか。ヒトや世界はキレイにならないのでしょうか。


 しかし、完全にキレイな世界なんて現実には存在しないですし、毒の中で生きていくしかないわけで。

 
 ・・・・・・なぁんてことを考えてしまいました。


 また、本作では、土壌汚染やらシックハウス症候群やら身近な毒の話も物語のワキを固める役目をしています。勉強にもなりました(笑)。

 
 バラバラな話が語られているようで、それが一つにまとまっていく手腕はさすがだなあと思います。

 『火車』のような社会派テイストが好きな方でしたら、ハマれると思いますよ~。
 


名もなき毒 (カッパ・ノベルス)
光文社
宮部 みゆき


Amazonアソシエイト by 名もなき毒 (カッパ・ノベルス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『名もなき毒』(宮部みゆき /カッパ・ノベルス) :感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント