『ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件』(宮部 みゆき /新潮社) :感想

一つの落下「事故」から始まった悪意と犠牲の連鎖が、大きなうねりとなって中学校を飲み込んでいく。 子どもたちは、親たちは、大人たちは、学校は、マスコミは事件をどう捉え、どう捌き、裁くのか……。  大作も大作。  全3巻ですし。  数多くの人物の視点で描かれていきますが、中心にいるのは、クラス委員長の優等生、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more