『雪男は向こうからやって来た』(角幡 唯介/ 集英社) :感想

 ヒマラヤの雪男を追う男たちのノンフィクション。

 著者の探検家、角幡氏は、冷静に雪男を追います。
 
 淡々とした語り口は、新聞記者出身だからでしょうか。

 取材した結果を丁寧に物語に構成している感じでした。



 退職した角幡氏がひょんなきっかけで参加することになった雪男捜索隊。

 そのヒマラヤ探索紀行に添わせる形で、雪男発見に情熱と生涯を捧げた人々の物語も語られていきます。


 特に、冒険家・鈴木紀夫氏の話には驚かされました。

 フィリピン・ルバング島の残留日本兵、小野田少尉の救出に大きな功績を果たした鈴木氏が最期の瞬間まで求めたのが、「雪男の発見」。

 誰よりも先に自分が見つける、という執念。


 彼の存在は、角幡氏にも影響を与えたようです。


 角幡氏は、捜索隊が解散した後も、思い立って単独でキャンプに引き返し、雪男がいるかもしれない、ヒマラヤの山を眺め、眺め、ただ眺め続けます。

 鈴木氏が雪崩にあった場所に、角幡氏は何を思ったのか。




 懐疑、願望、中立、懐疑、願望、中立・・・・・・揺れ動く心。

 物語の中で、角幡氏は雪男の存在について信じ切ってはいません。


 心情も含め、淡々と、語られていきます。

 読んでいるとき、私が本書に感じたのは、「白」でした。

 ヒマラヤという土地だからでしょうか。

 淡々とした冷静な文だからでしょうか。

 真っ白な中に、時たま、ぼわっと淡い赤っぽいものが小さく浮かび上がり、消えていく、そんな心象イメージでした。


 このように、本書は、勇ましい文章で彩られる燃え上がるような冒険譚ではありません。

 しかし、冷静な文章の中からも、冒険への憧れを呼び覚ませてくれるものがありました。

 それと同時に過酷さを思い知らされ、ああ、無理だってすぐに諦めましたが(笑)。



 結局、角幡氏は雪男に会うことはできませんでした。

 見間違いを、雪男だ雪男だ!と騒ぎたて、盛り上げようとすることもありません。

 ある意味、冒険譚的なクライマックスはない本です(笑)。

 ただ、やはり静かなクライマックスが最後にあったと思います。


 雪男はいるかもしれないなあ、いてほしいなあ、と思わせる本でした。





雪男は向こうからやって来た
集英社
角幡 唯介


Amazonアソシエイト by 雪男は向こうからやって来た の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 56

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック