『化合』(今野敏 /講談社) :感想

 無実の被疑者が落とされる前に真犯人を突き止めろ-----


 板橋区の公園で起きた殺人事件。

 捜査本部を指揮する烏山検事の筋書きに上がってきたのは、金融業者の向井原。

 検事は自白を引き出すために尋問を続ける。

 孤立無援の向井原に残された時間は短い。

 
 向井原の心が折れるのが先か、真犯人を見つけ出すのが先か-----

 滝下刑事と菊川刑事が奔走する!


……という感じの警察モノです。

 
 緊迫した展開、迫るタイムリミット、そして真犯人が落ちた瞬間。

 息をのむ展開に、「落ちた」瞬間は、ぞわっと来ました。

 圧倒的に立場の高い者に立ち向かう滝下の姿には胸を熱くさせられましたね。


 真実を追い求め、地道に丁寧に昼夜を問わず続けられる捜査。

 滝下たちのような刑事ばかりであれば、冤罪は起こらないとも思います。

 
 日本の検察・警察は優秀ですし、信頼に値するものであるとは思いますが、冤罪が存在しているのは事実。

 
 有罪率99.9%。


 起訴されたらまず有罪になります。

 つまり、無実の人を救うには、起訴させてはいけないのです。

 滝下と菊川は、烏山検事に向井原を起訴させないため、向井原では公判を維持できないと思わせるための材料、即ち、真犯人の身柄と真犯人と確信することができるだけの証拠を集めなければならないわけです。


 向井原が「落ちる」前に……。


 落ちるな。

 必ず救ってやる。


 冴えないオヤジにしか見えない滝下のかっこよさにはシビれます。



 さてさて真犯人は誰なのか?!


 単に検察と警察の対立の構図を描いているだけではなくて、日本の刑事司法制度の問題点をさらっと指摘しつつ、かと言って堅苦しい話が続く訳でもなく、熱くてゾクっとくるヒューマンドラマに仕上がっていると思います。




 本書もそうでしたが、警察小説って、読後は警察への尊敬と感謝の念がちょっと芽生えるんですよね、私。

 でも、お巡りさんが横を通るだけでつい目を逸らしちゃうのは治らないんですが。

 あ、もちろん何も悪い事してないですよ(笑)。


 




化合
講談社
今野 敏


Amazonアソシエイト by 化合 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック