『信玄の軍配者』(富樫倫太郎 /中央公論新社) :感想

 「軍配者」シリーズ第2作目の本書は、武田信玄の軍配者たる山本勘助が主人公となっています。



 足利学校に入るまで続いた辛く屈辱的な時代。

 学問に打ち込み、生涯の友を得た足利学校での日々。

 そしてその後の不遇。


 小太郎は北条家の軍配者として、冬之助は扇谷上杉家の軍配者として名を上げているのに、40を過ぎても一向に仕官できずにいる勘助。

 もがき、もがき、もがきます。

 そして、遂に得た、命を捧げるに値する主君。




 山本勘助の伝記物や小説は数ありますが、本作における武田晴信(信玄)の臣下となるまでの経緯は、私はこれまで読んだことない展開でしたねえ。

 晴信の父、信虎(←迷惑オヤジw)とのかかわりですとか。




 勘助を得た武田家の快進撃。

 それと共に遂に名を轟かせた勘助。


 活躍を聞き、小太郎は大層喜んだでしょうし、ヒネクレ者の冬之助だって内心で快哉をあげたことでしょう(描写はないですが)。
 
 


 小太郎と勘助、勘助と冬之助、熱く誠実な男たちの友情にはグッと来ます。

 軍配者として、戦場で相見えん-----という3人の誓い。

 本作は、体としては戦記物ですが、友情ドラマでもあるんですよねえ~。



 また、本作では、勘助と原虎胤の娘・千草との心の交流が多く描かれています。

 身近で支えてくれる理解者の存在は、友だちが2人しかいない(小太郎と冬之助。また、死んだ友を含めても生涯で3人しかいない)勘助にとっていかほど心強かったことか。

 不遇の時代とのコントラストがあるからなおさら、勘助の今は輝いて見えます!
 



 本作の勘助は、仁篤く、非常に誠実なので、非情の軍師というイメージは全くないですねえ。

 小太郎はそれに輪をかけて誠実で優しいですし・・・。

 作者の考える軍配者の理想の姿なのですかねえ。


 
 また、本作を読むと、軍配者の世界は狭いなあってつくづく思います。

 いや、もちろんフィクションですけどね(笑)?

 確かに、足利学校は当時日本最大の大学だったわけですから、日本中から才知溢れる若者たちが集まっていたのだろうとは思いますが、北条、武田、(扇谷)上杉の軍配者がここで交友を深めていたというのは狭すぎでしょう(笑)。
 
 この発想はなかったです。おもしろい。


 
 
 私にとって、本書は最後の数ページに驚きが詰まっていました。
 
 足利学校で小太郎、勘助、冬之助の3人に非常に良くしてくれた先輩・景岳さんが最後にちょこっと出てきたのですが・・・・・・ああ、あなたは○○○○殿だったのですか!

 そして、本書のラストシーンで冬之助が仕官するシーンも驚きました。おお、あなたはそうなりますか!


 完結編 『謙信の軍配者』も楽しみになりましたねえ。




○ リンク

「軍配者」シリーズ
第1巻
『早雲の軍配者』
http://kemochime.at.webry.info/201108/article_10.html

完結巻
『謙信の軍配者』
http://kemochime.at.webry.info/201108/article_20.html



信玄の軍配者
中央公論新社
富樫 倫太郎


Amazonアソシエイト by 信玄の軍配者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年08月13日 02:02
ここに出てくる武将は、私がはまっているニンテンドーDSの「信長の野望」に出てくるので、なんとなく親しみがあります。
2011年08月13日 07:51
Tapirさん、おはようございます。
DSにも「信長の野望」あったのですね~。
最近はやっていませんが、昔、めちゃくちゃはまっていました。「将星録」くらいまでは全部やっていました。
そのせいで、つい彼らの能力を数値化しちゃいます(笑)。

この記事へのトラックバック