『金の言いまつがい』(糸井重里 監修 /新潮文庫) :感想

 必死に、真剣に言った言葉が言い間違いだったことはありませんか?
 本作は、そんな言い間違いを「言いまつがい」として100%ポジティブに受け止め、恥ずべきものではなく、大手を振って楽しむものに変換してくれています。


 正しい・正しくない、あるべき論でがんじがらめの現代も、「言いまつがい」を楽しんでほっと一服。


 「言いまつがい」自体の面白さもさることながら、たまに入るイラストやフォントの誇張のせいで更に笑いやすくなっています(笑)。


 電車の中で顔がプルプル震えてしまいました(笑)。



 ここで言いまつがいの例を挙げても大してオモシロくないかもしれませんが・・・・・・


 例えば……


“上司の子供(11歳の男の子)のことを言うのに「息子さん」と「お坊ちゃん」が混じって「おぼっさん」と言ってしまいました。なんだか尊いお方のよう。”



“綺麗な白無垢の花嫁さんを見た友人が思わず一言、「わぁ、綺麗じゃね。ナンキンタマスダレじゃね」って、文金高島田だろ!”



“友人との会話中、反面教師という言葉をド忘れしてしまい、でも、会話を途切れさせたくなく、苦し紛れに出てきた言葉は「反対先生」友人には「ニュアンスは伝わった」と言われました。”



“先日、母が、つのだ☆ひろのことを、「ひろだ☆つの」と言っていました。”



“私のバイト先のケーキ屋さんのパティシエは「見よう見まね」を「煮よう煮豆」と言いました。”


……などなど。


 読みながら、「ああ~あるある」と頷いてしまったり、「ねえよwww」ってツッコミながらも笑ってしまったり……真剣に言ってるからこそオモシロいんですよね。



 正しい用語に修正するなんて無粋なこと。

 あるがままを受け止め、言いまつがいを温かく受け入れるのが大人の度量だそうで(笑)。


 確かに、間違いを鋭く指摘したら気分を害したり傷付けちゃったりするかもしれませんものねえ。

 解説によれば、「突っ込みたかった」という欲求を我慢してしまった方は「ほぼ日刊イトイ新聞」の「言いまつがい」コーナーにメールして不満を解消してしまうことがお勧だそうです(笑)。


 「言いまつがい」から優しい人間関係を作る。

 ギスギスしがちな現代には必要な要素かもしれませんね。


○ リンク

「ほぼ日刊イトイ新聞」
http://www.1101.com/home.html

「言いまつがい」コーナー
http://www.1101.com/iimatugai/



金の言いまつがい (新潮文庫)
新潮社


Amazonアソシエイト by 金の言いまつがい (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 52

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年05月25日 17:18
この本すごく読んでみたいです。
私の周囲はこういう言いまつがいを言う人
だらけです(--;)自分も含め~
2011年05月26日 07:11
気になる本ですね。
多くのスポーツにある『ジャパンカップ』は『ジャカンパック』と言いますね。
2011年05月26日 21:27
ナンキンタマスダレに大爆笑~
ちなみに、うちのこぶた2号は梅沢登美男を見るといつも、トミザワ ウメオと言います。。。
2011年05月27日 00:42
かわいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

私は「ジャカンパップ」と言ったことがありますね~(笑)。
みんなスルーしてくれてましたが。
2011年05月27日 00:43
キーブーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

「トミザワウメオ」さんですか(笑)。
実在してそうですよね~。
2011年05月27日 12:22
この本は笑えそうですね。真剣に言った言葉が間違いだったり、思いこみによる読み間違えだったり・・身に覚えがあります。
2011年05月27日 12:28
これ、一時期ハマってサイトに毎昼休みに行ってました♪
おもしろいんですよねぇ~
本になっていたとは知りませんでした。
電車で読むのは危険ですよね〔笑〕
2011年05月27日 21:39
まっちょさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

お名前を間違えてしまいまして大変失礼いたしました。
心よりお詫び申しあげます。

私は、言いまつがいしてしまってもOKだと思っていますそれはそれでオイシイと思っています(笑)。
2011年05月27日 22:34
Tapirさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

最初は、大して笑えんだろうと思っていたのですが・・・・・・いい意味で期待を裏切られました。
2011年05月27日 22:35
oriverさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

電車で読んでいたときは必死に下を向いて震えていました。
油断しているときにツボに入るコメントを読んでしまったときは耐えるのが大変で・・・・・・。
2011年05月29日 19:20
よく分かります。人が言っていると気づくけど、自分が言っていると気づかない、、、よくあるんですよね。
私は、よくありすぎて、恥ずかしくて、、、言えません(^_^;
2011年05月29日 20:25
たかじいさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
私も山ほどございます(笑)。
そのまま勢いで押して、オチをつけようと思ってさらに深みに嵌るパターンが多いです。

この記事へのトラックバック