『流星の絆』(講談社文庫 /東野圭吾) :感想

 今月の文庫新刊として出された本作(単行本刊行は2007年)ですが、これはまさに私が好きなタイプの作品でした!



おおまかなあらすじとしましては・・・・・・


 ペルセウス流星群を見るために、深夜、家を抜け出した功一、泰輔、静奈の三兄妹。

 家に戻った彼らを待っていたのは、両親の叱責ではなく、変わり果てた姿だった。


 仇を取ることを誓う三人。

 しかし、犯人に繋がる証拠は残されていない。


 洋食屋だった家も、財産も失ったが、三人は固い絆で結ばれたまま時は過ぎる。


 事件から14年。


 三人は詐欺を働きながら生きていた。

 
 功一が次なる狙いに定めたのは、洋食屋チェーンの御曹司・戸上行成。

 行成に近づく静奈。

 フォローする泰輔。

 泰輔が偶然見た行成の父・政行の顔は、あの夜に家から出てきた男のものだった。


 兄妹たちは政行を追い詰めるべく行動を開始する-----


 「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」

 彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。


……という展開です。 最後の2行は、本作のキャッチコピーから拝借しました。


 のらりくらりと反応する政行と、核心になかなか近づかない警察にヤキモキしつつ、ページを繰って繰って最後まで一気に読んでしまいました。


 三人がやってきたことは誉められたもんじゃないですよ。生きる為とは言え、人をだましてきた訳ですし。

 でもみんな兄妹思いで……(涙)。



 私はああいうラストシーンが大好きなんですよね~。

 安っぽいといえばそうかもしれませんが、カッコいいんですよねえ。

 クサいセリフがまたいいんです。


 三人が何よりも大切にしてきた家族の絆。

 そして改めて生まれた強い絆、新たな絆にシビれました。



 物語のスタートは暗いですが、読後は未来を感じさせてくれます。

 わかりやすいカタルシスを感じさせてくれた作品でした。

 私は本作は好きですね~。



流星の絆 (講談社文庫)
講談社
2011-04-15
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by 流星の絆 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 101

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年04月23日 18:38
こんばんは!!

確かテレビドラマ化されてましたよね。
東野圭吾さんの作品とは知りませんでした。
機会があったら読んでみたいと思います!!
2011年04月24日 08:39
びぶさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
テレビ化されていたんですか~。
確かに、テレビ化しやすい展開かも・・・・・・。
男なら誰でも落とせる美女の妹ちゃん役は誰だったのかなあ。気になるので調べてみます(笑)。
2011年04月24日 12:11
かなり前に東野圭吾さんの作品を良く読みましたが、最近は堂場瞬一さんの『刑事・鳴沢了シリーズ』にはまっていました。
同じ主人公のシリーズものが結構好きなんです。
2011年04月24日 15:28
これは文庫になる前に読みました。
私もラストは結構好きですね。
毎度ながらの展開の見事さに舌を巻きました。
東野作品の傑作のひとつだと思っています。
2011年04月24日 23:52
こんばんは。
気持ち玉ありがとうございます。
東野圭吾さんの本はなにか引き込まれ
ますね。
今「変身」っていうのを読んでいます。
2011年04月25日 07:42
気持ち玉ありがとうございました。
東野圭吾さんは白夜行で知りました。
ドラマが衝撃的だったので原作を読みました。
ドラマをみていなかったら、イメージが違ったかもしれません。綾瀬はるかの悪女ぶりが顔とミスマッチでなんかピンと来なかったです。
2011年04月25日 22:23
こんばんは
小説は読んだこと無かったのですが
テレビドラマではまりました。
(*^-^*)
東野圭吾さんはすごい方ですね
2011年04月25日 22:34
う~ん、すんません!
このころから、東野さんから遠ざかりました。
よって、読んでおりません。
2011年04月26日 11:23
クーへの応援ありがとうございました。
こちらドラマを見ていた姉が
ラストがびっくりと言ってましたが…
読んでみたい作品です♪
2011年04月26日 22:24
Tapirさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
堂場さんの鳴沢了シリーズは、まだ読んだことがないのですが是非読みたいと思っています!
堂場さんの作品で既読なのは高城賢吾シリーズだけなので、まだまだ楽しめそうです!
2011年04月26日 22:33
まるまるさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
展開がいいですよね~。
ベタベタな終わり方なのかなと思いきや、一ひねり効いていて、おお~、って感じで。
2011年04月26日 22:36
ふうちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
『変身』は未読ですね~。
(『分身』は読んだのですが(笑))
東野氏は多作なので、どれから読んだらいいか迷ってしまう・・・と思っていて、結局全く読んでいなかったのですが(笑)、去年の11月くらいから読み始めました。
まだまだいっぱい残っているので楽しみです。
2011年04月26日 22:46
今日もまた地震がありましたね。
何かと大変でしようが乗りきってくださいね。
これは、TVで時々見てましたよ。
でも、畑をされてるのには、驚きでしたぁ~。

2011年04月26日 22:47
ブルー・ベルベットさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ご訪問いただきましてありがとうございました。
『白夜行』は衝撃的な話でした。ズッシリと重くて重くて・・・夜に読んでいたらなんかこう世界が重たくなってきたことを覚えています(笑)。
2011年04月26日 22:50
まめたろうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
東野氏の多彩な作品群には圧倒されますねえ~。
よくあれだけ書けるよなあと感心しきりです。
ドラマをご覧になられた方は結構いらっしゃるようですねえ。ドラマ化されている作品も多いですよね。
2011年04月26日 22:52
かわいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

そろそろ、かわいさんにとって毎年恒例という、十数回目の『白夜行』を読み返す時期が近づいてこられたのではないでしょうか(笑)。
私もまたそろそろ読み返そうかなと思っています。
2011年04月26日 22:54
まっちょさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
けっこうベタな展開だとは思いますし、セリフもくさいんですが、私はこういうエンドが大好きです!
機会がありましたら是非どうぞ。
2011年04月26日 23:01
keikoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
なかなか地震が収まらないですね・・・・・・。
震度3くらいだと何とも思わなくなってきましたが、慣れてきた頃が怖いとよくいいますので、まだまだ油断せずにいようと思いますが・・・・・・。
畑は、借りて細々とやっているだけでして。
休みの日に畑にいるときに震度4くらい揺れたのですが、全く怖くなかったのですよね~。畑の中では妙な安心感があります。
職場で揺れると震度4だったら滅茶苦茶怖いんですけどね~。

この記事へのトラックバック