『扉は閉ざされたまま』(石持浅海 /祥伝社文庫) :感想

 本作は、先日読んだ『ULTIMATE MYSTERY』に作品が載っていた石持浅海さんの作品ですが、その際にご紹介いただいたご縁で読んでみました。


あらすじは……


サークルの同窓が集まったペンションにおいて、伏見亮輔は殺人を計画する。


ターゲットは仲のよい後輩・新山和宏。

作り出したのは密室での溺死。


夕食の時間になっても部屋から出てこない新山。

寝ているのだろうと特に不審に思わない仲間たち。

碓氷優佳を除いては------。


深夜になっても新山の部屋の扉は閉ざされたまま。

さすがに不審を覚える仲間たち。

計画したストーリーに誘導しようとする伏見と、さりげなく疑問を提起していく優佳の目には見えない戦い。


二人の決着は-----


・・・・・・といった感じの話です。



 事件現場を見ずに、会話と状況だけで推理を進めていくという展開のものは初めてだったので、非常に楽しめました。

 
 冷静にして冷血な優佳と冷静にして熱血な伏見の関係がまた興味深いのです。


 昔は優佳も伏見のことを憎からず想っていたようなのですが……伏見に抱いている感情が読めなくて、この子は何を考えているのだろうと最後の最後までわかりませんでした。
 今もよくわかってないかも(笑)。


 その点、伏見は冷静であっても中身は熱血ですから、動機も含めて何となく理解しやすいのですよね~。



 この二人の関係はどうなっていくのでしょう。

……それが結構気になる読後でした。


扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)
祥伝社
石持 浅海


Amazonアソシエイト by 扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 65

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年01月22日 23:45
さっそく読んでいただけましたか!
お~!
毎度のことですが、お薦めしておいて、ほとんどストーリーを忘れています。
なかなかおもしろそうですねえ~。
って、オイオイ!

たしか、本がどこかにあったはずなんですが…。
んっ?
図書館に寄付したかも?
2011年01月22日 23:50
かわいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

おかげさまで、おもしろかったですよ(笑)。

この記事へのトラックバック