『さまよう刃』(東野圭吾) :感想

 一人娘が、少年らに乱暴された上に殺されたらあなたはどうしますか?……本作はそういう重たいテーマを取り扱った作品です。



あらすじとしては……


 長峰重樹は、死体で発見された一人娘を殺した犯人が二人の少年であるとの密告を受ける。

 
 そのうちの一人の家に行くと、娘が被害に遭ったことを示す映像が。


 長峰は、偶然戻ってきた少年を見て、感情を抑えられず惨殺してしまう。


 復讐しても娘は救われない。

 それでもやらずにはいられない。


 長峰は、残る一人・菅野快児を見つけるために、潜伏先だという長野へ向かう。


 菅野を追う長峰。

 菅野と長峰を追う警察。


 長峰は警察よりも先に菅野を見つけ出せるのか?

 復讐の先にあるものは?

……といった感じのストーリーです。



 復讐は許されないと分かってはいてもやらずにはいられない長峰さん。


 長峰の復讐行を巡り、割れる世論。
 
 そして問われる少年法の是非。


 それについての東野氏の答えというか考えは特に示されていませんので、自分で考えるしかありません(笑)。


 加害者が鬼畜過ぎるので、その問題を議論するには事例が偏っているから答えを書いていないのかもしれませんね。


重たい問題はさておきまして……


 グイグイと話に引っ張り込む力はさすがです。

 続きが、結末が気になって一気読みしました。


 わたくし的には、驚きの結末でしたねえ。

 最後に一つ驚きがあるのが小憎らしいですぜ、東野センセ(笑)。


 読後感の話をするとネタバレに繋がりそうなので(笑)割愛しますが、色々考えさせられる作品でした。



さまよう刃 (角川文庫)
角川グループパブリッシング
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by さまよう刃 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年01月17日 23:42
私もこの本読みました。
父親の娘に対する深い愛情。
最後の結末に切なさを感じ
ました。
2011年01月18日 07:47
テーマが重い東野作品の中でも、スーパー重い小説のひとつでしたね。
緊迫の結末シーンは、秀逸だったと思います。
2011年01月18日 11:18
こちら読みたいなと思いながら
テーマが重いので躊躇してましたが…
結末が気になるので読んでみます!
確か実家にこの本あったはずなので
2011年01月18日 22:24
ふうちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

自分の娘が・・・と思ったら恐ろしくて恐ろしくて。花火大会なんて行かせられませんよ(笑)。
2011年01月18日 22:26
かわいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

結末シーンは、私の中でスローモーションで何度も再生されています・・・。あああああああ、って感じで(笑)。
2011年01月18日 22:28
まっちょさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

結末まであっという間でしたよ!
追跡行開始までは読んでてツライかも知れませんが・・・。
そこからはグイグイです。
2011年01月19日 16:06
これはひょっとして、寺尾聰がお父さん役をやった映画の原作かな?
この手のテーマ、私は気が弱くて読めないんですよね(~_~;)
自分の身に起こったら、と考えただけでダメです。。。
2011年01月19日 17:13
自分にも娘がいるのでこの手の話題は気になるんですがちょっとためらう本ですね。
でも読んでみます。
2011年01月19日 23:06
キーブーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

わたしもまさかこういう話だとは思わなかったのですが・・・手にとってしまいましたのでその勢いで読んでしまいました。
自分の身に起こったらなんて、恐ろしくて考えたくもありません・・・。
2011年01月19日 23:07
keikoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

私にも娘がいますので、もう読んでていたたまれなかったです・・・・・・。
いろいろ考えさせられました。
2012年01月08日 09:10
前記事にすいません。m(__)m
お友達から「いい本だから」と薦められ 本も購入し
これから読もうとしていましたら「衝撃的な描写が
あるから覚悟して、、、」なんていうメールが入り
ました。それではkemochimeさんにお聞きしてみよう
とお訪ねした次第です。(笑)
驚きの結末なんですね。
覚悟が出来たら読んでみることにします。(笑)
2012年01月09日 10:24
primroseさん、こんにちは。
懐かしい記事にアクセスいただきまして光栄です。
お友達から
「衝撃的な描写があるから覚悟して、、、」
というお話をいただいたそうですが・・・・・・私からも同じコメントを献上します(笑)。

自分で書いておいてなんですが、ラストはそこまで驚くようなものではないかもしれません・・・・・・私は何でもすぐ驚いてしまうので(笑)・・・・・・私は、えええええ、って思いましたけど。

この記事へのトラックバック