本屋虫(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アライバル』(ショーン・タン /河出書房新社) :感想

<<   作成日時 : 2012/12/26 23:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 76 / トラックバック 0 / コメント 5

スゴい本があったもんです。絵本と言えば絵本なのですが、言葉が一切ない、絵だけで物語を語っていくグラフィック・ノベル。

読者は、登場人物の表情、仕草、そして風景で読み取っていくことになるのですが、描きこまれた絵にはほんと、引き込まれます。

本書は子ども向け絵本のコーナーにあったのですが、これは大人向けの本と言われても違和感はありません。

大人が読めば、子どもでは感じることができないものを感じられそうです。



妻と娘を残し、新しい土地へと旅立ったひとりの男の物語。


新天地に旅立つ時の希望と不安、たどり着いた時の不安、新しい街の表情、生きていく希望と不安、その地に住み着くことができた安寧、そして・・・・・・・・・


移り住んだ先は異世界人の住む地(異形の生き物がいる!)という感で描かれていますが、初めての地というのはどこでも異世界ですよね。


私自身、とある国に住んでいたときは本当に異世界に来た感がありました。テレビでは見たことがある外国であっても。

日本国内でも、一人で移り住んだときはやはり何とも言えない感じでいっぱいでした。



アライバル---新たな地への到達----、言葉が何も書かれていないだけに、感じ方はまさに人それぞれでしょう。

私は、登場人物の表情に、見知らぬ地へ移り住んだ頃の自分の顔を見たように思います。



繰り返し繰り返し眺めるほど、いろいろな思いでいっぱいになる作品でした。





アライバル
河出書房新社
ショーン・タン


Amazonアソシエイト by アライバル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 76
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
子供向けの本とは思えないですね。
理解出来るんだろうか・・という思いにもなりますが、何か真髄に近づけるようなものが、
あるんでしょうね(~_~)
それは愛^^??かな(~~)
こちら湘南に住んで9年になりのかしら。。
でも、住めば都ですね、離れられなくなりそうです^^
とわ
2012/12/27 19:11
あれ?打ち間違いだー
9年になり・・「なる」ですから^^
もう、恥ずかしい
とわ
2012/12/27 19:15
とわさん、こんにちは。
コメントいただきましてありがとうございます。

子どもには大人にはないパワーがありますから・・・理解できるのかもしれませんねえ。私も子どもだった頃があったはずなのですが、残念ながらそういう力を実感できることなく過ぎ去ってしまったようですが・・・。

住めば都、わたくしも実感しています。
玄関にクワガタが飛んできたこともある穏やかな街です。東京23区とは思えません。
kemochime
2012/12/29 11:56
この本、ブロ友さんが紹介されてて
自分も興味あったのと
孫っち用にもいいかとクリスマス用に購入したのですけど
3差の孫っちにはさすがに無理と感じ他のプレゼントを購入し
この本はしっかり自分用に(笑)
keiko
2012/12/30 22:36
keikoさん、こんばんは。
コメントいただきましてありがとうございます。

3歳のお子様がこの哀愁というか寂寥というかも含めて味わえた末恐ろしいですね・・・(笑)。
でも子どものちからは無限大なので、言葉にはできなくても、感じることはできるのかもしれませんねえ。
kemochime
2012/12/30 22:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『アライバル』(ショーン・タン /河出書房新社) :感想 本屋虫(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる