アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
本屋虫(仮)
ブログ紹介
書評というより、ゆる〜い読書感想がメインのブログです。

資産があれば本屋を趣味で開きたいですねえ・・・。



新年明けましておめでとうございます。

皆様にとって素晴らしい1年になりますように。


これから1週間ほどネット環境に繋げられませんのが辛いです。
ネットに繋げられないのがこんなに辛いとは・・・・・・現代病ですねえ。


since 2010.8

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『旅猫リポート』(有川 浩 /文藝春秋) :感想
『旅猫リポート』(有川 浩 /文藝春秋) :感想  猫好きの青年・ワタルと、その愛猫ナナの旅。とある事情でナナを手放さなければならなくなってしまったワタルは、旧来の知己のもとを巡ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 252 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/19 15:54
『キングを探せ』(法月 綸太郎 /講談社) :感想
『キングを探せ』(法月 綸太郎 /講談社) :感想 何気ないところで知り合った4人が計画したのは交換殺人の完全犯罪。お互いの素性もわからない中で、誰が誰のターゲットを仕留めるのかを決めるのは、4枚のカード。 「キング」は誰なのか、法月警視と綸太郎は凶行の真実を明らかにできるのか?! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 90 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/17 23:20
『2013本格ミステリ・ベスト10』(探偵小説研究会 /原書房) :感想
『2013本格ミステリ・ベスト10』(探偵小説研究会 /原書房) :感想 数々のミステリランキングがある中で、「本格」モノにスポットをあてた本書。 ランキングって、政治的なものや営業的な匂い(トップ10に出版元の原書房の作品が3冊入ってるし)も感じてしまいますが、それはそれとして何だかんだ言ってランキング本が好きな私(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 119 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/14 11:02
『将棋名人血風録 奇人・変人・超人』 (加藤 一二三 /角川書店) :感想
『将棋名人血風録 奇人・変人・超人』 (加藤 一二三 /角川書店) :感想  昨年11月から将棋にかなり強い興味を持ち始めたワタクシ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 82 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/14 10:01
『面白くて眠れなくなる人体』(坂井 建雄 /PHP研究所) :感想
『面白くて眠れなくなる人体』(坂井 建雄 /PHP研究所) :感想  不思議に満ちてる人体の話が詰まった一冊。  雑学、豆知識系の内容になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 137 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/02 07:51
『オツな日本語』(金田一 秀穂 /日本文芸社) :感想
『オツな日本語』(金田一 秀穂 /日本文芸社) :感想  日本語大好きな私はこういう本が出ると真っ先に飛びついてしまいます。    春夏秋冬、季節の言葉。    むかしの言葉、そしてこの頃の言葉。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 78 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/01 22:38
『犬とハモニカ』(江國 香織 /新潮社) :感想
『犬とハモニカ』(江國 香織 /新潮社) :感想  本書は6編の短編集ですが、江國氏の作品はどれも、読者である私と登場人物たちが少し離れたところで生きているような距離感を感じるんですよね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 93 / トラックバック 1 / コメント 18

2012/12/31 00:00
『ああ面白かったと言って死にたい―佐藤愛子の箴言集』(佐藤 愛子 /海竜社) :感想
『ああ面白かったと言って死にたい―佐藤愛子の箴言集』(佐藤 愛子 /海竜社) :感想  言いたい放題で毒舌な印象をもっていた佐藤愛子氏。  もう88歳になられたとか。  まだまだめちゃくちゃお元気です。    そんな氏の過去の著作権から選んだ箴言集ですから、ものすごい放埒なことでも書いてあるのかと思ってましたが、文字通り箴言が集められた一冊でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/30 22:44
『どうぞのいす』 (香山 美子 /ひさかた絵本傑作集) :感想
『どうぞのいす』 (香山 美子 /ひさかた絵本傑作集) :感想  思わず微笑んでしまう物語。うちの娘もにっこにこ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 93 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/12/29 12:58
『ソロモンの偽証 第T部 事件』(宮部 みゆき /新潮社) :感想
『ソロモンの偽証 第T部 事件』(宮部 みゆき /新潮社) :感想 一つの落下「事故」から始まった悪意と犠牲の連鎖が、大きなうねりとなって中学校を飲み込んでいく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 77 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/28 07:08
『中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?』 (NHK_PR1号 /新潮社) :感想
『中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?』 (NHK_PR1号 /新潮社) :感想  あのおカタいNHKの公式ツイッターはなぜユルい? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/27 23:58
『アライバル』(ショーン・タン /河出書房新社) :感想
『アライバル』(ショーン・タン /河出書房新社) :感想 スゴい本があったもんです。絵本と言えば絵本なのですが、言葉が一切ない、絵だけで物語を語っていくグラフィック・ノベル。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 76 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/12/26 23:10
『禁断の魔術 ガリレオ8』 (東野 圭吾 /文藝春秋) :感想
『禁断の魔術 ガリレオ8』 (東野 圭吾 /文藝春秋) :感想  7に引き続き、本書もガリレオシリーズ短編集ですが、読みどころは、湯川が罪を犯すことも厭わずに毅然と過ちを犯そうとする者に立ち向かう「猛射つ」でしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 69 / トラックバック 1 / コメント 5

2012/12/24 22:22
『金曜のバカ』(越谷 オサム /角川文庫) :感想
『金曜のバカ』(越谷 オサム /角川文庫) :感想  高校生っていいなぁぁっ!って思わずにいられなかった短編集でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/23 21:35
『「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー』 (高橋 秀実 /新潮社) :感想
『「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー』 (高橋 秀実 /新潮社) :感想 「野球をしようとするな!」 「ドサクサ!ドサクサ!!!」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/22 19:55
『イラン人は面白すぎる!』 (エマミ・シュン・サラミ /光文社新書)
『イラン人は面白すぎる!』 (エマミ・シュン・サラミ /光文社新書)  いや、これはオモシロい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 76 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/21 00:00
『無名の虎』(仁志 耕一郎 /朝日新聞出版)
『無名の虎』(仁志 耕一郎 /朝日新聞出版)  第4回朝日時代小説大賞受賞作。   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/20 00:00
『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』(田崎 晴明 /朝日出版社) :感想
『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』(田崎 晴明 /朝日出版社) :感想  放射線や放射性物質に直面している日本の多くの人々が知っておいた方がよいであろう、放射線についての基礎知識をできる限り短く、正確に、わかりやすく解説するコンセプトで書かれた本です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/19 23:00
『137億年の物語  宇宙が始まってから今日までの全歴史』(クリストファー ロイド /文藝春秋)
『137億年の物語  宇宙が始まってから今日までの全歴史』(クリストファー ロイド /文藝春秋)  フルカラーで綴られる宇宙が始まってから今日までの全歴史。  図鑑サイズなので、最初は図鑑なのかなと勝手に勘違いしていましたが、図解や写真をほぼ毎ページないし数ページに1つくらい掲載してはいるものの、あくまでメインは文章な歴史本でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 79 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/18 00:00
『公開処刑人 森のくまさん』 (堀内 公太郎 /宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)  :感想
『公開処刑人 森のくまさん』 (堀内 公太郎 /宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)   :感想  「このミステリーがすごい」大賞隠し玉として出版された本書。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/17 22:33
『HEARTBEAT』 (小路 幸也 /創元推理文庫) :感想
『HEARTBEAT』 (小路 幸也 /創元推理文庫) :感想  ラストでやられました!裏表紙に書いてあった〈相棒〉って何だろうと思っていたのですが、こういうことかというのもわかってスッキリです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/16 19:40
『夢中になる!江戸の数学』 (桜井 進 /集英社文庫) :感想
『夢中になる!江戸の数学』 (桜井 進 /集英社文庫) :感想  江戸時代は数学フィーバー! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 77 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/15 16:43
『煽動者』(石持 浅海 /実業之日本社) :感想
『煽動者』(石持 浅海 /実業之日本社) :感想  流血なく現政権を転覆させることを目的とするテロリスト集団。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/14 23:04
『見仏記ガイドブック』(みうらじゅん /角川書店) :感想
『見仏記ガイドブック』(みうらじゅん /角川書店) :感想  いとうせいこうとみうらじゅんが贈る、仏像好きにはどストライクであろうガイドブック。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 80 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/13 00:00
『撹乱者』(石持 浅海 /実業之日本社): 感想
『撹乱者』(石持 浅海 /実業之日本社): 感想  現政権転覆と政権奪取を狙う「非暴力」の反政府テロリスト集団。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/12/12 00:00
『心の森』(小手鞠 るい /金の星社) :感想
『心の森』(小手鞠 るい /金の星社) :感想  アメリカに転校した夏休み、不安でいっぱいの響(ひびき)は、自宅の裏から続く森の中でちょっと年下の女の子、デイジーに出会います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 74 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/11 00:26
『誰かが足りない』(宮下 奈都/ 双葉社) :感想
『誰かが足りない』(宮下 奈都/ 双葉社) :感想  感じのいいレストラン、ハライ。 だんだんにぎやかになっていくであろう店内に、不自然な空席がある。 すでにテーブルに着いている人の向かいに誰もいない。 予約で埋まっているはずの席が、ぽつんと空いている。 誰かが足りないのだ --------- ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 83 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/10 00:00
『ギネス世界記録2013』(クレイグ・グレンディ /角川マガジンズ) :感想
『ギネス世界記録2013』(クレイグ・グレンディ /角川マガジンズ) :感想 言わずと知れた、世界中の「いちばん」がギッシリつまった本です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 82 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/09 00:00
『あなたのお金はどこに消えた? 仕事と人生の変わらない法則』 (本田 健 /PHP新書)  :感想
『あなたのお金はどこに消えた? 仕事と人生の変わらない法則』 (本田 健 /PHP新書)  :感想  ゾウさんたちが暮らすのどかな村に、デカい投資話がやってきた! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 90 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/08 00:00
『無花果とムーン』(桜庭 一樹 /角川書店) :感想
『無花果とムーン』(桜庭 一樹 /角川書店) :感想  突如この世を去った兄・奈落と、兄をとても慕っていた月夜。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/07 00:00
『銀の匙 Silver Spoon 1』 (荒川 弘 /少年サンデーコミックス) :感想
『銀の匙 Silver Spoon 1』 (荒川 弘 /少年サンデーコミックス) :感想  北海道の農業高校を舞台にした、畜産と少年の成長をテーマとする物語です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/12/06 22:16
『本人伝説』(南 伸坊 /文藝春秋) :感想
『本人伝説』(南 伸坊 /文藝春秋) :感想  コンセプトに仰天。多くの著名人のポートレート写真付きエッセイかと思いきや、写真も文も、全部南伸坊氏。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/06 00:00
『ペコロスの母に会いに行く』(岡野 雄一 /西日本新聞社) :感想
『ペコロスの母に会いに行く』(岡野 雄一 /西日本新聞社) :感想  認知症の母と、著者(ペコロス氏)の日々を描いた漫画です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 69 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/05 00:00
『病的に自分が好きな人』 (榎本 博明 /幻冬舎新書) :感想
『病的に自分が好きな人』 (榎本 博明 /幻冬舎新書) :感想  病的に自己愛が強い人の考え方、行動、構造等について解説している本書。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/04 23:01
『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』(ジェフリー・ブラウン /辰巳出版) :感想
『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』(ジェフリー・ブラウン /辰巳出版) :感想  和む、和む、和む! 子煩悩なダースベイダーと、パパ大好きなルーク。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/04 00:00
『クラウドクラスターを愛する方法』(窪 美澄 /朝日新聞出版) :感想
『クラウドクラスターを愛する方法』(窪 美澄 /朝日新聞出版) :感想  本書は、表題作「クラウドクラスターを愛する方法」と「キャッチリリース」の中編2本が収められています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/03 00:00
『エリーちゃんのクリスマス』 (メアリー・チャルマーズ /福音館書店) :感想
『エリーちゃんのクリスマス』 (メアリー・チャルマーズ /福音館書店) :感想  森からもみの木を運んできたエリーちゃんは、ヒラリー(猫)、アリス(うさぎ)、ハリー(犬)と、クリスマスツリーの飾り付けをしたのですが、てっぺんにのせるお星さまが足りないことに気づきます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/02 22:46
『泥酔懺悔』(角田 光代 三浦 しをん 他 /筑摩書房) :感想
『泥酔懺悔』(角田 光代 三浦 しをん 他 /筑摩書房) :感想  酒にまつわるエピソードは誰しも1つは持っていそうなもの。本書は、11人の女性作家たちが綴る、酒を題材としたエッセイ集です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/01 08:53
『お友だちからお願いします』(三浦 しをん /大和書房) :感想
『お友だちからお願いします』(三浦 しをん /大和書房) :感想 “私はふだん、「アホ」としか言いようのないエッセイを書いているのだが、本書においてはちがう!(自社比)よそゆき仕様である!(あくまで自社比)” ……と強くでた(笑)三浦しをん氏のエッセイ集。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/01 00:17
『震災のときあったらいいもの手帖』(チーム住まいと暮らし /住まいの学校) :感想
『震災のときあったらいいもの手帖』(チーム住まいと暮らし /住まいの学校) :感想  阪神大震災、東日本大震災に被災した方々の経験をふまえてまとめられた本書。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/30 00:00
『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野 圭吾 /文藝春秋) :感想
『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野 圭吾 /文藝春秋) :感想  ガリレオシリーズ第7巻は、4本の短編集です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/29 00:01
『つむじダブル』(小路 幸也・宮下 奈都 /ポプラ社) :感想
『つむじダブル』(小路 幸也・宮下 奈都 /ポプラ社) :感想  とても優しい気持ちになれるストーリーで、私はこういうの大好きです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/28 00:00
『妖しい関係』(阿刀田 高 /幻冬舎) :感想
『妖しい関係』(阿刀田 高 /幻冬舎) :感想  オトコとオンナの妖しい関係を描いた短編集。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 70 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/27 00:02
『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』 (マーティン・ファクラー /双葉新書) :感想
『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』 (マーティン・ファクラー /双葉新書) :感想  アメリカ人ジャーナリストから見た日本の大新聞・大マスコミの問題点。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/26 22:57
『大誘拐』(天藤 真 /創元推理文庫) :感想
『大誘拐』(天藤 真 /創元推理文庫) :感想  先日、お前は「大誘拐」を読んでいないのかと心底呆れられてしまい、早速入手しました。  週刊文春ミステリーベスト10の20世紀国内部門第1位だそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 84 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/11/24 19:57
『神様のカルテ3』(夏川 草介 /小学館) :感想
『神様のカルテ3』(夏川 草介 /小学館) :感想  人気シリーズ第3巻ですが、本作も安定したクオリティだったと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 106 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/23 00:00
『紫のクオリア』(うえお 久光/電撃文庫) :感想
『紫のクオリア』(うえお 久光/電撃文庫) :感想  人間が全てロボットに見える少女、毬井ゆかり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/22 22:25
『谷崎潤一郎フェティシズム小説集』 (谷崎 潤一郎 /集英社文庫) :感想
『谷崎潤一郎フェティシズム小説集』 (谷崎 潤一郎 /集英社文庫) :感想  谷崎潤一郎は骨の髄まで足フェチだ。間違いない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 81 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/22 00:00
『本屋さんで待ち合わせ』(三浦 しをん /大和書房) :感想
『本屋さんで待ち合わせ』(三浦 しをん /大和書房) :感想  本書は三浦しをん氏の「書評集」ですが、本を題材にしたエッセイ、って言った方が正確かもしれませんね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 84 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/21 00:00
『間抜けの構造』(ビートたけし /新潮新書) :感想
『間抜けの構造』(ビートたけし /新潮新書) :感想  お笑いでも、テレビ・映画でも、芸術・スポーツでも、どんなものでも「間」が大事。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 84 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/11/20 00:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

本屋虫(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる