テーマ:貴志祐介

『鍵のかかった部屋』(貴志祐介 /角川書店) :感想

 本書は、防犯探偵・榎本シリーズ第3作。密室を題材にした4本の短編集です。    青砥純子弁護士が、アシスタントの防犯コンサルタント・榎本を従えて、密室トリックの解明に乗り出します。  でも実は・・・・・・名探偵なのは榎本。  榎本は、「防犯コンサルタント」の経験と技術を生かし 、密室の謎を解いていきます。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more