テーマ:桜井進

『夢中になる!江戸の数学』 (桜井 進 /集英社文庫) :感想

 江戸時代は数学フィーバー!  算学に関する本が多数出版、ベストセラーも数多く、全国の寺社等には数学の問題と解答が額に入れられて飾られていた!  関孝和はベルヌーイの公式を編み出し、建部賢弘はオイラーよりも早く無限級数の公式を求めていた!  当時の和算は世界最先端の水準を誇っていたというのが驚きです。  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more