テーマ:越谷オサム

『金曜のバカ』(越谷 オサム /角川文庫) :感想

 高校生っていいなぁぁっ!って思わずにいられなかった短編集でした。  表題作の「金曜のバカ」は、田舎に住む女子高生と気弱なストーカーの奇妙な戦いの話です。  有り得ないくらい天然で単純で純な彼女。  ここまでくるとある意味爽快です。  2人の戦いは訳の分からん争いだもんなあ(笑)。  根暗でアブない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『陽だまりの彼女』(越谷 オサム /新潮文庫) :感想

 浩介と真緒。  中学校の同級生のふたりは、職場の取引先という関係で偶然再会する。  そして、そこから始まる恋----------  これだけだと、ベッタベタのラブストーリーのようで・・・・・・・、そして確かに序盤はベッタべタなのですが、後半に進むにつれて、浩介も、そして読者も違和感を強く覚えていくことになります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more