『夢中になる!江戸の数学』 (桜井 進 /集英社文庫) :感想

 江戸時代は数学フィーバー!

 算学に関する本が多数出版、ベストセラーも数多く、全国の寺社等には数学の問題と解答が額に入れられて飾られていた!

 関孝和はベルヌーイの公式を編み出し、建部賢弘はオイラーよりも早く無限級数の公式を求めていた!



 当時の和算は世界最先端の水準を誇っていたというのが驚きです。

 小学校の算数の教科書にも出てきた関孝和らの業績は凄い。

 関に限らず、彼の弟子や師匠も含めてレベルの高さは驚きものです。


 13万1072角形を使って、円周率を3.14159265359まで求めた関孝和、小数点以下52桁まで求めた松永良弼。


 桁数では西洋の記録には及びませんでしたが、鎖国の島国でそこまで計算していたことが誇らしいですなあ。


 円周率はおよそ3、なんてわけのわからん教育をしたら関先生に怒られますよ(笑)。

 「3」だったら正六角形になってしまいますからねえ。

 円でも何でもないです。


 「関・ベルヌーイの公式」と呼ばれてもおかしくなかったというのもすごいなあ。

 江戸時代は、関ら算学者だけではなくて、庶民の間でも算学が愛されていたというのも、ほーって感じ。

 数学の問題を額に入れて飾っておく、算額なんてもんは日本しかなかったようですよ。

 まあ、普通は飾ろうなんて思わないですものね(笑)。


 和算の問題も載っているのですが、方程式を使わない計算は発想力を試されている感じですね。

 内容的には小学校レベルなので、大人なら大丈夫、たぶん(笑)。



 薄めの文庫本ですが、江戸時代の算学に対する情熱がたくさん詰まっている一冊でした。




夢中になる!江戸の数学 (集英社文庫 さ)
集英社
2012-08-21
桜井 進


Amazonアソシエイト by 夢中になる!江戸の数学 (集英社文庫 さ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『夢中になる!江戸の数学』 (桜井 進 /集英社文庫) :感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント