『采配』(落合 博満 /ダイヤモンド社) :感想

 遂にキャンプイン!プロ野球開幕まで2ヶ月となり、各球団とも本格始動です。


 今年度から高木新体制となったドラゴンズ。
 
 いちファンとしては三連覇への期待でいっぱいです。


 ユニフォームも一新され、いやほんと、いろいろ一新というか一掃されちゃったなというところで、旧体制の指揮官、落合博満氏の著書について書いてみます。



 日本シリーズで敗れたちょっと後に出た本書。

 シリーズ制覇を誰よりも願っていたのは出版社のダイヤモンド社だったかもしれませんね(笑)。



さてさて。


 ドラゴンズの選手たちの特長、エピソードを通じて、成長とは何か、プロ(の社会人)とは何か、厳しい世界で生き抜く為には何が必要か、そして、指導者(上司)として何が必要と考えてきたか、何をしてきたか……などが語られています。

 落合氏が個々の選手のことをどう見ていたのかも改めて知ることができるのは、ドラファンとしてはかなり興味深いです。体制は変わっちゃったけど(笑)。

 生き抜くためには一芸を伸ばせ、一芸があると生き残れるという話では、英智選手と岩崎選手が挙げられていました。
 
 岩崎選手もここまで高い評価だったんだとちょっと驚き。まあだからこそ使われてきたわけですが。


 日本シリーズ完全試合間近での山井投手の降板の話、WBCにドラゴンズの選手が参加しなかった話、2004年の優勝後に山本昌投手や川上憲伸(ドラゴンズ復帰決定にビックリ)投手まで秋季キャンプに連れて行ってしまった話など物議を醸した話のことも載っています。

 落合氏も、「個人」としては完全試合を見たかったんですねえ。


 常に批判されてきた落合氏。

 いかに勝利を追求してきたかについて1つ1つ語られています。

 営業部門からは嫌われていたかもしれないが、ともありましたが、やはり自覚あったんだ(笑)。


 勝つことが最大のファンサービス。

 私にとってはまさにその通りなのですが、カネに繋がらなければ球団としては困るというのもその通り。
 (まあ、カネに繋げるよう努力するのは球団の仕事ですが。)

 ナゴヤドーム行きたいんだけど遠いんだよなあ。デーゲームなら日帰り可能といえば可能だけど……。
 
 グッズ買うくらいしか貢献できないし。
 
 でも、グッズ買うと邪魔だって怒られるし(笑)。



おっと、話が逸れました。


 本書は、ダイヤモンド社が出していることもあるのでしょうが、ビジネスやサラリーマンもかなり意識した内容になっています。

 自分が成長するには、社会でいきるには、部下を育てるには……などなど。

 部下に任せたらその責任は自分が取る、部下におっかぶせないという指揮官としての矜持は潔いというかかくあるべき。

 投手のことは森繁和ヘッドコーチに一任していて、試合直前まで先発ピッチャーを知らなかったこともあるとか。

 森コーチは名コーチだったなあ。



 また、WBCの話のところで強調されていましたが、契約社会は契約が全てだということ。

 契約に書いてあるのに、日本代表だ何だという話になるとなあなあになる日本人の風潮はいかがなものか、と。
 (ああ、また嫌われるようなネタをwwww)

 もしも、契約書にファンサービスについてもいろいろ規定してあったら、契約どおり徹底して遂行したんでしょうね。でも、二兎は追えないとかいってその条項は削除しそうですけどね(笑)。


 まだまだ日本人は契約より感情や人情優先というのはあると思います。まあ、それはそれで日本人らしさであり、日本を発展させてきた1つの大きな力だったとは思うのですが。

 私の周りのアンチ落合は、契約の重要性を説いていることについてだけは評価してます(笑)。

 でも、最後は叩くんだよなあ(笑)。

 昼にこの本を読んでいたら、15分間に3人のアンチが寄ってきていろいろ批判していきました。

 この本は優秀なアンチホイホイですwww

 ドラゴンズファンの私も知らないエピソードをいろいろ知っていたり、実はアンチの方々の方が落合氏のことを詳しく知っているんじやないかとも思ってみたり(笑)。


 テリー伊藤氏の本(http://kemochime.at.webry.info/201108/article_8.html)にもあったように、言動はどう考えても日本人ウケしないと思います。

 まあそれでも、いろいろと批判されながらも勝負の面では十分な結果を出した落合氏。

 いちドラファンとしては、結果を出してくれたことにとても感謝しています。

 落合信者ではないですが、なるほどなあと感心しながら本書を読みました。

 何事も中途半端じゃダメなんですよね。やっぱ心血を注がんと。それは強く感じました。


 
 さあ、2012年シーズン開幕まであと2ヶ月。
 
 高木監督には、是非とも三連覇を達成していただきたいものです!

 (あぁ、でも今年はジャイアンツがめちゃくちゃ強そうだ・・・・・・。)



采配
ダイヤモンド社
落合博満


Amazonアソシエイト by 采配 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『采配』(落合 博満 /ダイヤモンド社) :感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント