『しごとのはなし』(太田 光 /ぴあ) :感想

 爆笑問題の太田光氏が語るさまざまなこと。これがまたオモシロい!

 「しごと」、興味のあること、日常生活から、相方の田中氏のことまで。

 何度となく吹き出してしまいました。

 子どもたちからは、なぜ字ばかりの本を読んで笑っているのかと訝しがられるくらいに(笑)。



 「ぴあ」のインタビューに答えたものをまとめたもののようですが、エッセイ風の形式になっています。

 笑わせてくれるだけでなく、感心させられたこともとても多かったです。

 かなり真剣に物事を考えているんですよね、この方は。

 本番では何も考えずに思いつきでしゃべっているそうですが(笑)。



 朝起きたら主要紙の社説をネットでチェックするそうです。(私はスポーツニュース…(笑))

 っていうか、新聞の電子版って社説も載ってたんだって初めて知りました……。

 気になることはとことん追究し、とことん努力する姿勢を感じますね。

 照れ屋と思われる氏は、そう言われても認めないのでしょうけど(笑)。



 北野武氏に憧れてたそうで……確かに似てる面も感じますね。

 毒舌で、時事トークにも強く、映画監督。

 将来はたけしポジションに収まるんですかねえ。


 しかし、太田氏のコメントからすると……田中さんも相当なキャラですね。

 俺はこんなんじゃねえって反論もありそうですが(笑)。



 さてさてタイトルにもある「しごと」の話。

 漫才のネタを作るツラさ、相方との関係、ウケなかったときのショック、視聴率などなど……どちらかというと、しごとの話は楽しさというより辛さを感じました。

 伝えたいことが伝わらない、曲解されたり批判されたりで悩んだり。
 (最初はネットでの批判が気になってしょうがなかったとのこと)

 でも、伝え方が悪かった、こう言えばよかったって反省して次に繋げようとする姿勢はさすが。


 
 娯楽としてもかなりオモシロかったですが、いろいろ参考にもなる本だったと思います。



しごとのはなし
ぴあ
太田 光


Amazonアソシエイト by しごとのはなし の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『しごとのはなし』(太田 光 /ぴあ) :感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント