『フェルメールの食卓』(林 綾野 /講談社ARTピース) :感想

 17世紀のオランダを代表する画家の一人、ヨハネス・フェルメール。

 オランダが隆盛を極めた時代に、彼は生まれました。

 フェルメールの作品は、その時代の生活様式や風景を微細に伝えてくれます。



 好きな作品も結構収められていて、それだけでも嬉しかったのですが、本書では、彼の作品の紹介とともに、生まれ育ったデルフトの街、当時の衣装、生活様式、食器などなどの解説もなされています。

 また、フェルメールといえばブルーですが、その「フェルメール・ブルー」のレシピも載っていました。



 そして最大の特色は、作品に描かれている料理が再現されていることでしょう。

 
 表紙に描かれている「牛乳を注ぐ女」。

 
 超有名。


 でも、何で牛乳を注いでいるのか知りませんでした。

 私は、単に飲むためだと思っていました。

 ヒントは、たくさん描かれているパンにありました。

 そう、彼女は「パンプディング」を作ろうとしていたのです!

 
 そして、レシピと完成写真が載っています。

 食べたい!

 食べてみたい!

 再現した料理はそんなにたくさん載っているわけではありませんが、当時のオランダの定番料理とかもいろいろ載っていて……見ているとお腹が減ってきます!


 本書は、フェルメールの作品を楽しめるだけでなくて、料理のレシピ集でもあり、そして17世紀のオランダを楽しめました。


 私はこういう企画モノっぽい作品は大好きですねえ。

 




"『フェルメールの食卓』(林 綾野 /講談社ARTピース) :感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント