『ブタとおっちゃん』(山地としてる /フォイル) :感想

 表紙からしてインパクトのある、養豚業を営むおっちゃんと、愛するブタさんたちの写真集です。

 
 このおっちゃんはスゴいです。

 ブタへの愛がハンパないです。

 ブタと一体化しています、ホントに。

 写真見ると驚きますよ、絶対。



 赤ちゃんブタと一緒に昼寝するおっちゃんは孫と寝ているみたいに幸せそうですし、ブタちゃんもパパと寝ているように安らかです。

 おっちゃんが近づけはブタさんたちが群がり、おっちゃんは優しくしっかりとかわいがる。


 毎日のように産まれる赤ちゃんブタを一匹一匹立ち会って産婆さんのように取り上げるおっちゃん。

 毎日自分の子供が産まれようなもののようで。


 1200頭のブタさんに囲まれた生活は、まさにブタ一色。


 著者は、10年間にわたって、ブタとおっちゃんに向かってシャッターを切り続けたそうです。

 モノクロ写真だからこそだと思うのですが、イイ感じに仕上がっています。

 カラーだとおっちゃんとブタさんたちの一体感が表現しきれない気もしますし、モノクロの方がよりキレイに見える気がします。何となくですが。


 現在ではおっちゃんは体調を崩され、ブタさんたちを手放されてしまったそうで……おっちゃん、寂しいなんてもんじゃないでしょうねえ。



 ブタとおっちゃんの幸せな写真集。

 見ていて思わず微笑んでしまうこと受け合いだと思いますよ。



ブタとおっちゃん
フォイル
山地としてる


Amazonアソシエイト by ブタとおっちゃん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『ブタとおっちゃん』(山地としてる /フォイル) :感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント