『県庁おもてなし課』(有川浩 /角川書店) :感想

 県の観光発展のために設立された高知県観光部「おもてなし課」。

 硬直的な思考、前例主義、縦割りの中で、ロクな企画もロクな結果も出せていない。

 悩む掛水に提言したのは県観光特使の作家、吉門。

 辛辣ながらも適所を刺すアドバイスに、掛水は少しずつ動き始め、そしておもてなし課も進み始める……


・・・・・・という展開なのですが、最初はボロボロのおもてなし課もだんだん活性化したいい組織になってきて、読んでる私も「これならイケるかも!」と思えてきたり。

 でもまだまだ甘いなと評論家ぶってもみたり・・・読んでて楽しめました。


 お役所という重たい組織の話ですが、フィクションと、少々のノンフィクションがブレンドされ、そして軽めの文体で語られるので、小気味よいスピードを感じさせます。

 また、甘ラブな話も多い有川作品ですが、本作ではラブな葛藤は薄めです。

 本作のスポットはおもてなし課と高知県ですし、このくらいでちょうどいいですね。

 もちろん、「ああ、こいつらくっついちゃうんだろなあ」「お前ら、サッサとくっついちゃえよ~」「よし、おめでとう!」というお約束展開はありますのでご安心を(笑)。

 
 単純な私にはもう、走り出した掛水が、おもてなし課がとてもカッコよくて……胸からこみ上げるように熱くなりました。



 驚いたのは、高知県庁にはおもてなし課が実在するということ。

 プライド激高のお役所が、あれだけボロクソ書かれてもそれを甘受するというのが……時代は変わったということでしょうか。

 高知県庁の方に限らず、公務員はあんなに情けなくない、と反論したいという気持ちの公務員の方も多いのかなあと思いますが……フィクションとは言え、高知はよく書かせたもんだと思います。

 有川氏もギタギタ書くよと確認したそうですが、自分の一存でGOを出した課長補佐(実在)、カッコいいわあ。

 ちょっとお役所見直しましたわ。



 地元を愛する方々が、本作を読んで触発されて、自治体にいろいろ物申すかもしれませんが(笑)、耳を傾けていただいて、いいものは真剣に検討し、取り入れていっていただきたいですねえ。

 「貴重な御意見ありがとうございました」「担当部門で検討させていただきます」で終わりにしないで。


 
 本書を読むと、高知に興味が沸いてくると思いますよ。いい宣伝になったのではないでしょうか。





県庁おもてなし課
角川書店(角川グループパブリッシング)
有川 浩


Amazonアソシエイト by 県庁おもてなし課 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『県庁おもてなし課』(有川浩 /角川書店) :感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント