『予知夢』(東野圭吾 /文春文庫) :感想

 ガリレオ先生こと湯川学教授が活躍するガリレオシリーズ第二弾にあたる本作では、予知夢、霊視やポルターガイスト等、いわゆるオカルト的なネタを取り上げています。
 (第4章の「絞殺る(しめる)」はちと違いますかね。)


 第1章の「夢想る(ゆめみる)」は、17年前から結ばれる運命にあったとして、16歳の女子高生に付きまとっていた男の話です。
 
 そんなのただの妄想だ、で済まさないところがガリレオ先生のスゴいところ。

 裏にある真実を表舞台に導きます。



 第3~5章では、ナゾを科学実験を用いて解明していきます。

 もちろん、ナゾの根本は、論理的思考によって推理されていくのですが、科学が重要なエッセンスとして、推理を裏付ける証拠として使われます。

 実験中の湯川先生はほんと輝いて見えますねえ(笑)。



 第5章は、タイトルにもなっている予知夢の話です。

 だいたいですね、東野センセの作品で出てくる予知夢が明るいわけないんですよ(笑)。

 近所に住む少女が、被害者が自殺する予知夢を視たというのです。

 やっぱり、どよーんとしてますよね(笑)。

 そして少女がその後に視た夢がまたこれが……。

 さすが、東野センセ。最後まで油断できません(笑)。



 ところで話は逸れますが、テレビや映画では、湯川先生は福山雅治さんが演じておられるのですよね。

 私の頭の中の湯川先生は、一番最初に読んだときに、「偏屈な表情をした、ちょっと髪が長めのにいちゃん」という印象を勝手に持ってしまったので、いまだに頭の中で福山さんが出てきません(笑)。

 刷り込みのために、私もここらで、ドラマをみた方がいいのかもしれません。

 私の脳内でも、カッコいいセリフはカッコいい男に言わせたいですしね(笑)。



 本作は、湯川先生好きな方なら安心して(?)楽しめる一冊だと思いますよ。


○ 収録作品

「第一章 夢想る(ゆめみる)」
「第二章 霊視る(みえる)」
「第三章 騒霊ぐ(さわぐ)」
「第四章 絞殺る(しめる)」
「第五章 予知る(しる)」


○ リンク : 「ガリレオ」シリーズ

『探偵ガリレオ』(東野圭吾 / 文春文庫)
http://kemochime.at.webry.info/201012/article_8.html

『容疑者Xの献身』(東野圭吾 / 文春文庫)
http://kemochime.at.webry.info/201011/article_13.html

『ガリレオの苦悩』(東野圭吾 / 文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201012/article_2.html

『聖女の救済』(文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201012/article_11.html

『真夏の方程式』(文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201110/article_26.html

『虚像の道化師 ガリレオ7』(文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201211/article_27.html

『禁断の魔術 ガリレオ8』 (文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201212/article_18.html







予知夢 (文春文庫)
文藝春秋
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by 予知夢 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『予知夢』(東野圭吾 /文春文庫) :感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント