『旅猫リポート』(有川 浩 /文藝春秋) :感想

 猫好きの青年・ワタルと、その愛猫ナナの旅。とある事情でナナを手放さなければならなくなってしまったワタルは、旧来の知己のもとを巡ります。  貰い手を探す旅は、小学校時代、中学時代、高校時代の友人たち、そして・・・・・・と、ワタルの過去を辿る旅にもなっているのです。  ナナの気持ち、ワタルの気持ち。  ワタルの周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キングを探せ』(法月 綸太郎 /講談社) :感想

何気ないところで知り合った4人が計画したのは交換殺人の完全犯罪。お互いの素性もわからない中で、誰が誰のターゲットを仕留めるのかを決めるのは、4枚のカード。 「キング」は誰なのか、法月警視と綸太郎は凶行の真実を明らかにできるのか?! ・・・・・・という内容です。 タイプとしては、倒叙モノの本格ミステリです。 久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『2013本格ミステリ・ベスト10』(探偵小説研究会 /原書房) :感想

数々のミステリランキングがある中で、「本格」モノにスポットをあてた本書。 ランキングって、政治的なものや営業的な匂い(トップ10に出版元の原書房の作品が3冊入ってるし)も感じてしまいますが、それはそれとして何だかんだ言ってランキング本が好きな私(笑)。 2013年のランキングトップ20で私が読んでいなかったのは・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『将棋名人血風録 奇人・変人・超人』 (加藤 一二三 /角川書店) :感想

 昨年11月から将棋にかなり強い興味を持ち始めたワタクシ。  それまでは駒の動き方くらいしか知りませんでしたし、棋士も羽生善治さんと谷川浩司さんくらいしか知りませんでしたが、もう人が変わったようにのめり込んでしまっています。  また、これまでは羽生善治さんの著書しか読んでいませんでしたが(しかも将棋のことはほとんどわから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『面白くて眠れなくなる人体』(坂井 建雄 /PHP研究所) :感想

 不思議に満ちてる人体の話が詰まった一冊。  雑学、豆知識系の内容になっています。  小指を曲げると、薬指も曲がるのはなぜか、「ノドボトケ」の正体、体内の食物が腐らない理由、血管は日本列島ね二倍長い、足がむくむのはなぜ?、正座をすると足がしびれるのはなぜ?、手術着が青いのはなぜ?、鼻の孔はどうして2つある?  ………などな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『オツな日本語』(金田一 秀穂 /日本文芸社) :感想

 日本語大好きな私はこういう本が出ると真っ先に飛びついてしまいます。    春夏秋冬、季節の言葉。    むかしの言葉、そしてこの頃の言葉。  わかっているようで勘違いしているのに気づいたり、ナルホドと目から鱗が落ちたりの本でした。  言わればそうなんですけど、濁点の持つ働きは独特ですよね。  音が意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more