『旅猫リポート』(有川 浩 /文藝春秋) :感想

 猫好きの青年・ワタルと、その愛猫ナナの旅。とある事情でナナを手放さなければならなくなってしまったワタルは、旧来の知己のもとを巡ります。

 貰い手を探す旅は、小学校時代、中学時代、高校時代の友人たち、そして・・・・・・と、ワタルの過去を辿る旅にもなっているのです。



 ナナの気持ち、ワタルの気持ち。

 ワタルの周りの友人たちの想い。



 なぜワタルはナナを手放さなければならなくなったのか。


 切ないところもあるけれど、とても清々しく、温かい作品でした。




 ワタル視点、ナナ視点、そして周りの人々の視点、それぞれが作品の底流を流れる温かさを形作り、全体としてもとても優しい作品に仕上がっていると思います。



 ワタルが他の動物たちに優しくしたりすると思いっきり嫉妬するナナがかわいいですね。

 ワタルの優しさにもホロホロきてしまいます。


 
 お涙頂戴物語とも言えましょうが、素直に涙を流してもいいんじゃないかと思いますよ、本作は。

 登場する男性キャラの話し方や感じ方が男っぽくない男だと感じることも多い有川作品ですが、本作のワタルはその有川キャラが作品の雰囲気に合ってたと思います。


 
 最近の有川作品では一番好きかも。布教用に文庫も買っちゃうかも(笑)。





旅猫リポート
文藝春秋
有川 浩


Amazonアソシエイト by 旅猫リポート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック