『キングを探せ』(法月 綸太郎 /講談社) :感想

何気ないところで知り合った4人が計画したのは交換殺人の完全犯罪。お互いの素性もわからない中で、誰が誰のターゲットを仕留めるのかを決めるのは、4枚のカード。
「キング」は誰なのか、法月警視と綸太郎は凶行の真実を明らかにできるのか?!


・・・・・・という内容です。


タイプとしては、倒叙モノの本格ミステリです。

久々に読みましたが、私はこれは面白かったですね~。

交換殺人の手法とか、殺されたターゲットが張っていた罠とかの伏線は丁寧に扱われていたように思います。


終盤は犯人たちと綸太郎の仕掛け合いになりますが、それはいいんですが、最後がもうちょっと盛り上がるとさらに嬉しかったかも。


最大のトリック(?)である、「カード」には私はすっかり騙されてました。

私はいつになったらトリックを見抜けるようになるんだろう・・・・・・。



また、ありがちな感じのタイトルですが、これはウマいなと思います。なるほど、って感じで。



1年前に買ったまま積み本になっていたのを、いろいろなミステリランキング発表で思い出した次第で。

久々の著作だったのに、すぐに読まないなんて法月氏への愛が足りなかったと反省しています(笑)。


次はいつ出るのかなあ、寡作ですもんねえ、法月氏。





キングを探せ (特別書き下ろし)
講談社
法月 綸太郎


Amazonアソシエイト by キングを探せ (特別書き下ろし) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック