『犬とハモニカ』(江國 香織 /新潮社) :感想

 本書は6編の短編集ですが、江國氏の作品はどれも、読者である私と登場人物たちが少し離れたところで生きているような距離感を感じるんですよね。  その微妙な距離が物語にぼやっとしている情景のようで実はクッキリ浮かび上がっているというような不思議な感覚をもたらしてくれます。  表題作の「犬とハモニカ」。  表紙カバー…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more