『アライバル』(ショーン・タン /河出書房新社) :感想

スゴい本があったもんです。絵本と言えば絵本なのですが、言葉が一切ない、絵だけで物語を語っていくグラフィック・ノベル。 読者は、登場人物の表情、仕草、そして風景で読み取っていくことになるのですが、描きこまれた絵にはほんと、引き込まれます。 本書は子ども向け絵本のコーナーにあったのですが、これは大人向けの本と言われても違和感はあ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more