『誰かが足りない』(宮下 奈都/ 双葉社) :感想

感じのいいレストラン、ハライ。 だんだんにぎやかになっていくであろう店内に、不自然な空席がある。 すでにテーブルに着いている人の向かいに誰もいない。 予約で埋まっているはずの席が、ぽつんと空いている。 誰かが足りないのだ ---------  足りないことなのは哀しいことなのか。  6つの「予約」の物語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more