『病的に自分が好きな人』 (榎本 博明 /幻冬舎新書) :感想

 病的に自己愛が強い人の考え方、行動、構造等について解説している本書。  身近なあの人も……っていうか自分自身も当てはまるところがあるなあと。  自分では客観視できる人間かと思っていたのですが、結構自己愛要素があるなあと。  もちろん、本書は自己愛を否定するものではなく(自己愛があるからこそ強くなれたりする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』(ジェフリー・ブラウン /辰巳出版) :感想

 和む、和む、和む! 子煩悩なダースベイダーと、パパ大好きなルーク。  二人がこんな関係だったら絶対にあんな争いは起きなかったでしょう。  厳しいことを口にしつつも、やっぱりルークに甘いベイダー。  『STAR WARS』の名シーンのパロディもあって、映画を観たことがある人なら絶対和めますよ、これ。  ベイダ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more