『面白くて眠れなくなる人体』(坂井 建雄 /PHP研究所) :感想

 不思議に満ちてる人体の話が詰まった一冊。
 雑学、豆知識系の内容になっています。


 小指を曲げると、薬指も曲がるのはなぜか、「ノドボトケ」の正体、体内の食物が腐らない理由、血管は日本列島ね二倍長い、足がむくむのはなぜ?、正座をすると足がしびれるのはなぜ?、手術着が青いのはなぜ?、鼻の孔はどうして2つある?
 ………などなど、興味深い話がいっぱいでした。



 本の題名に「面白い」って書いてある本の95%はハズレと体感している私ですが、本書は私にはフィットしました。


 人体は奇跡の塊ですね。

 そもそも、生きていること自体が奇跡なんですよね。


 毎日何気なく生きていますが、自分の体はここまで便利に都合よくできているのかと自分に感心してしまいました。


 幸いタイトル通りにはならず、面白くて、ぐっすりと眠れました(笑)。






面白くて眠れなくなる人体
PHP研究所
坂井 建雄


Amazonアソシエイト by 面白くて眠れなくなる人体 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック