『心の森』(小手鞠 るい /金の星社) :感想

 アメリカに転校した夏休み、不安でいっぱいの響(ひびき)は、自宅の裏から続く森の中でちょっと年下の女の子、デイジーに出会います。

 森でデイジーと過ごす日々は、ひびきの心から不安を少しずつ優しく落としていきます。

 学校生活も楽しく送ることができて、輝きに満ちているひびき。

 さあ、明日はクリスマス。


 一方、デイジーは-----



・・・・・・という展開です。



 心にジワッと沁み入る、清澄で真っ直ぐな子どもたちの交わり。

 二人の温かい友誼に爽やかな感慨を覚えつつ、デイジーの強い透明感におぼろげな不安感も覚えてしまう。

 そんな感覚の中で読み進めていきました。


 そう感じたのは、デイジーのセリフなしで進んでいくからかなあ。



 ラストシーンは、陳腐な言い方ですけど、胸いっぱい。

 主人公が、ひびきって名前なのもいろいろ籠められた意味を感じてしまいましたねえ。



 少年少女向けの短い物語なのですが、大人の心にも響くストーリーでした。

 うーん、でもどちらかというと、小さな子どもに読ませるのは辛いかも・・・・・・。

 安っぽい奇跡が起こってもよかったんじゃないかなあとか無粋なことも思ってみたり。

 でも、これも子どもにとっては大切な体験なのかも。

 

 短い物語なのですが、じっくり考えさせられる一冊でした。

 




心の森 (ハートウォームブックス)
金の星社
小手鞠 るい


Amazonアソシエイト by 心の森 (ハートウォームブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 74

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2012年12月12日 20:54
やっぱり心にじわっとくるのが読みたいですね。
冬だからあったかくなるのがいい。
でもこの本はちょっと違うのかな。
「誰かが足りない」とともに、読んでみたいなぁ、って思いました。
2012年12月12日 23:19
黎明さん、こんばんは。
コメントいただきましてありがとうございます。

本作はあたたかくなる・・・かな?
ちょっとあたたかいかも。
でも、さみしさの方が強いかもですねえ。

この記事へのトラックバック