『インシテミル』(米澤 穂信 /文春文庫) :感想

「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給11万2000円がもらえるという破格の仕事に応募した12人の男女。
とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。
それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった――。

 (文藝春秋ホームページ:内容紹介より引用)




 終盤まで、かなり興奮しながら一気に読み進めました。ページを繰る手がもどかしいくらいで……、そして、終盤はまた驚きの展開。


 いろんな意味で。


 終盤は読者にとっても全てを咀嚼する時間ですよね。


 私の場合は、「はい?」、みたいな(笑)。



 読後は、何だかよくわからなくなってきたなー的な感じ。

 もちろん、探偵役が解説してくれる孤島モノお約束の展開なので、トリックについてはスッキリ。

 無茶なヒネリもないので、消化不良はなかったです。


 エピローグとして、登場人物たちのその後も短く語られます。

 余分なことは書いていないので、読者としてはいろいろ想像してしまいます。


 人間ドラマというよりは、トリックそのものを楽しむタイプの作品なのかなと思いました。


 孤島の奇館で起こる惨劇、というのは定番のお約束シチュエーションですが、使い古されているが故の制約の中で、新奇な設定を考えるのは作家の腕の見せ所ですよね。

 しかし、アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』は至るところで引用されますねえ。

 やっぱ読まなきゃダメだなあ。



 「古典部」シリーズや「小市民」シリーズのような、人の死なない日常系ミステリを書いてるイメージが強かった米澤穂信が、人が死にまくり奇館モノを書いたということでも興味深いものがありました。

 米澤氏は、筆力が高いと私個人として評価している作家です。

 
 今後も楽しみ。

 まずは、早く「小市民」シリーズの『冬期限定~』が出てほしいですねえ。






インシテミル (文春文庫)
文藝春秋
米澤 穂信


Amazonアソシエイト by インシテミル (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック