『鬼物語』(西尾維新 /講談社) :感想

 『化物語』シリーズ第11作では、これまではっきりとは語られていなかった忍が400年前に初めて作った眷属のことが語られます。

 ただ、それもストーリーの骨格に肉付けをする挿話のようなもの。

 物語は、暦たちに近づく非存在の存在、便宜的に『くらやみ』と呼ぶモノを核として進みます。


 ひとたびそれに吸い込まれれば、無へと帰してしまう『くらやみ』。

 これは一体何なのか。

 逃げる暦たち。

 かつて、忍もそれに追われ、逃げ切った過去がある。

 それについての話をするにあたり、400年前の最初の眷属の話になったのですが・・・・・個人的興味としては、最初の眷属についてもっと深く書いてほしかったですねえ。

 別れのシーンも何か想像以上にあっさりしていて。
 
 忍の性格もあるのでしょうが、ちょっと拍子抜けした感もあり(私の読み込みが浅かっただけかも)。



 「切っても切り離せない」関係にある暦と忍が切り離されてしまったのには驚きですが、あっさり戻ってましたwww

 なんか本作は終息のさせ方が急速すぎる感じがします。前半で話を広げすぎた?

 残りページが少なくなってきたところで、これでまとまるのか?!と心配に(笑)になってきたところで、一気に結末へ。
 
 読者の驚きを狙っているのかなあ。

 
 会話は相変わらずオモシロかったので、まあわたくし的にはOKなんですけどね。



 そして、ラスト。

 何となく、こういうときも来るのかなと思っていた展開ではありますが、ここでそう来ますかという感じです。


 
 さてさて人気シリーズも遂に次巻でグランドフィナーレ。

 読むのが楽しみで仕方ありませんねえ~。
 


○ 「化物語」シリーズ 第2シーズン

第6巻
『猫物語・黒』  つばさファミリー
http://kemochime.at.webry.info/201012/article_28.html

第7巻
『猫物語・白』  つばさタイガー
http://kemochime.at.webry.info/201101/article_5.html

第8巻
『傾物語』  まよいキョンシー
http://kemochime.at.webry.info/201104/article_5.html

第9巻
『花物語』  するがデビル
http://kemochime.at.webry.info/201107/article_9.html

第10巻
『囮物語』  なでこメドゥーサ
http://kemochime.at.webry.info/201110/article_14.html

第12巻
『恋物語』  ひたぎエンド
http://kemochime.at.webry.info/201203/article_3.html



鬼物語 (講談社BOX)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by 鬼物語 (講談社BOX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック