『少女不十分』(西尾維新 /講談社): 感想

 10年前、「僕」に起こった出来事。僕はこの本を書くのに、10年かかった-------


 
 「僕」が横断歩道で遭遇した少女の交通事故。

 哀れな被害者以上に異様だったのは、その友達の女の子。

 「僕」は、その子を見てしまったことにより、運命が大きく変わってしまいます。

 そこからのサイコホラーな展開は、予想の斜め上を行ってました。


 
 壊れているようで壊れていない。

 きまりを守るというのも、度が過ぎるとホラーですよね・・・・・・。
 



 序盤は何となく文章が重たくて、何かこう気分が乗ってこなかったのですが、途中からはグイグイ引き込まれました。

 「僕」の人物設定から来ているものなのでしょうが、いちいちクドいので(笑)。

 ファンだったら信頼があるから最後まで一気に読めると思いますが、初見だと序盤が辛いかもしれないですねえ。

 
 小説ってなんでもそうなのでしょうが、ラストの書き方って難しいと思うのです。

 本作でも西尾維新らしい(?)壊れていく展開がずっと続きますが、壊れたまんまだと収拾つかないし・・・・・・本作では読者の期待にどうこたえてくれるのか楽しみでした。

 今回はこういう終わり方ですか・・・・・・私はこのエンドは陳腐で好きですけど、意外でしたね、こういうのは。西尾維新にしては普通な気がします。


 本書は、重苦しい内面を描く系が好きな方には向いていると思いますが、『化物語』系の内容を期待している方には厳しいかもしれません。

 私はどっちも好きなのでOKです(笑)。  
 



少女不十分 (講談社ノベルス)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by 少女不十分 (講談社ノベルス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック