『のだめカンタービレ 全25巻』(二ノ宮知子 /講談社) :感想

 クラシック音楽がマンガになってこんなにも面白いなんて!

 高尚すぎて遠かったクラシック音楽が一気に親しみを感じるようになりました。



 シリアスなシーンとユーモラスなシーンの絶妙なブレンド。

 5パーセントくらいユーモラスな感じでしょうか。

 最初の方は、ツカミである関係上、ユーモラス度高めですが、キャラが一通り出揃ったところで一気に盛り上がっていくところはまさにオーケストラ!

 
 タクトを振るうは、才色兼備の王子様、千秋真一。


 そんな千秋との共演を夢見る妻(ギャボッ!)、のだめこと野田恵。
 なお、妻は自称(笑)。


 そして、愉快すぎるサブキャラクターたち。


 峰、最高。

 場末の中華料理屋の息子が音大通ってクラシックという設定がイイ!

 そして、愛すべきバカなのが最高!

 金持ちばかり溢れていそうな音大に、千秋みたいな王子様系しか出てこなかったら、ここまで売れなかったかもしれませんね。

 峰の存在はデカいと思うんですよね。



さてさて。

 
 大学卒業後の舞台は、ヨーロッパへ!

 パリに拠点を置く千秋とのだめ。

 新しい仲間たちも濃すぎるメンツ。

 まあ、芸術家ですから(笑)。


 
 ユーモアある作品ですが、音楽を安っぽく扱ったりはしていません。

 いかに厳しい世界か、そして、素晴らしいものかを描いていると思います。

 シロウト目には、ですけど(笑)。

 よく知らなかった曲やオーケストラや楽器のことがよくわかったような気になってしまいます。


 
 のだめと千秋の恋物語(いや、変な物語?)と、仲間たちと歩む成長物語。


 最後まで一気読みさせる力を持った作品でした。

 売れるだけのものはありましたわ。 25巻一気読みして満足しました。




のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))
講談社
二ノ宮 知子


Amazonアソシエイト by のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 66

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年08月28日 13:51
今日は。
「のだめカンタービレ」・・・この本の主人公のモデルと言われる山田和樹さんの指揮での演奏を聴くご縁がありました。
奈良フィルの指揮をされました。
とても爽やかなお方で、素敵でした。
アンコールが何時までも絶えなかった記憶が在ります。
その時の記事です・・・良かったら見ていただければ幸いです。
http://kokoro5656.at.webry.info/200901/article_7.html
2011年08月28日 18:31
こんばんは!!ご無沙汰しています(笑)

この作品は、ドラマの方しか見ていなかったの
ですが原作の漫画も、面白いらしいですね!!
兄と妹が絶賛していましたよ(笑)
私も暇な時間が増えたので、漫画喫茶などで
一気読みをしてくるかな?

立ち読みは色々と問題が起こりそうなので(笑)
2011年08月28日 23:21
大人買いならぬ大人読みですね(^_^)
漫画もすごいスピードで読まれますね。
追伸:kemochimeさんがこのブログで紹介いただいた「神様のカルテ」、ようやく手にしました。少しずつ読んでます。
ありがとうございます。
2011年08月29日 21:39
やろいさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
私はクラシックコンサートには1回しか行ったことのないのですが、迫力には圧倒されました。
CDとは全然違いましたねえ。

記事は是非拝見させていただきます!!!
2011年08月29日 21:43
びぶさん、こんばんは。またまたありがとうございます。

お兄様と妹さんが絶賛されていましたか!!
同志がいてくれて嬉しいです。

マンガ喫茶で一気読みするのに値する読み応えかもしれないですが、半日つぶれてしまいそうですね(笑)。

私もさすがにこれを立ち読みは辛い・・・。
子供でもなく、特に、女性でないので(笑)。
2011年08月29日 21:45
たかじいさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

全巻、一気読みいたしました・・・・・・。
夜に読み始めて、読み終わったときに空が白んでいました。
いい年こいて行う所業では無かったです。目がしょぼしょぼしました(笑)。
2011年09月08日 13:51
お久しぶりです。少女コミックもOKなのですね。私は全巻持ってますよ。もち、ドラマも映画もみました。息子たちも少女コミックOKなので、孤立しないです。漫画は文化です。
2011年09月08日 21:17
nicomamaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
いや、若干の抵抗はあるのですが(笑)、家で読む分には誰も見ていないし・・・。
膨大な数の少年・青年向けコミックに囲まれて生きてまいりましたが(数千冊単位でありまして・・・)、結婚してからは少女コミックに触れる機会も若干増えまして。

マンガは文化です。
間違いありません。
面白いものに少年少女老若男女関係ありませんよ~。

この記事へのトラックバック