『早雲の軍配者』(富樫倫太郎 /中央公論新社) :感想

 「軍配者」シリーズ3部作の第1作目の本作。
 
 戦国好きの私にはたまらない作品でした!

 話には聞いていたのですが、先日、完結編の『謙信の軍配者』が出たので、これまでの我慢を解放して(笑)、ついに手に取りました。

 硬派な語り口の時代小説ではなく、読みやすいソフトな文体でしたので、ぐいぐい読み進めてしまいました!



 一夜にして伊豆の主となり、相模まで平定した伊勢新九郎(後の北条早雲)が、目指したのは、孫の千代丸(後の北条氏康)を支える軍配者を育てること。

 早雲の目にとまったのは、風間小太郎という少年でした。

 学問の才を見出され、当時の軍配者養成機関でもあった足利学校に送り込まれた小太郎。

 そこで、山本勘助、曾我冬之助と交友を深めながら、切磋琢磨して学問を極めていきます。

 しかし、時は戦国の世。

 時代は小太郎にゆっくりと学ぶ時間を与えてくれませんでした。
 
 小田原からの急使。

 そして、戦陣へ・・・・・・


・・・・・・という展開です。


 
 小太郎は、仁愛の心に溢れ、民を思いやり、人に優しく、友情に溢れた非常に気持ちのいい青年です。

 風魔小太郎という名前は、伝説の忍びである五代目のイメージが強かったので、そのギャップからなおさら本作の小太郎の優しさ、温かさを強く感じましたね。

 軍配者となるには非情さが足りないのではないか?!と思わせるくらいですが、この性格設定は伏線なんですかねえ。

 小太郎には、このまま仁者であってほしいですが・・・・・・。

 
 また、小太郎と勘助が学友という設定がオモシロい!
 

 そして、曾我冬之助の存在。

 寡勢の扇谷上杉を北条の猛攻から持ちこたえさせ、必殺の一撃を放った冬之助の手腕は痺れました。



 
 本作では、半分くらいまでは3人の修行時代の話でしたが、これから、軍配者となった小太郎、勘助、冬之助の三つ巴の戦いが始まるのか?!

 次作『信玄の軍配者』はいわずと知れた山本勘助のこと。

 そうすると、『謙信の軍配者』は・・・冬之助ですかね。

 越後上杉家に曾我冬之助なんていたかな・・・・・・ひょっとして、あの男に化けたりするのかな?!

 いやはや楽しみです。



○ リンク

「軍配者」シリーズ
第2巻
『信玄の軍配者』
http://kemochime.at.webry.info/201108/article_11.html

完結巻
『謙信の軍配者』
http://kemochime.at.webry.info/201108/article_20.html



早雲の軍配者
中央公論新社
富樫 倫太郎


Amazonアソシエイト by 早雲の軍配者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック