『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』 (万城目学 /ちくまプリマー新書) :感想

 明るく元気な小学一年生のかのこちゃんと、「外国語」を解する猫のマドレーヌ夫人。



 読む前は、『プリンセス・トヨトミ』や『鴨川ホルモー』のようなエンタメ系作品を想像していたので、正直驚きました(笑)。

 
 作品全体が柔らかい文体で綴られていて、愛情で溢れていました。

 かのこちゃんの毎日の楽しさが伝わってきました。

 発見と驚きの連続だった小さい頃のワクワク感を思い出させてくれました。
 
 お別れの切なさには、鼻の奥がツーンときてしまいました。

 ネコたちの描写も丁寧で、とても活き活きしていました。

 ネコたちの世界もとても楽しそうでした。

 
 人の世界のかのこちゃんの物語と、動物の世界のマドレーヌ夫人の物語とが、最後にはキレイに繋がって、1本の素敵なストーリーになっていました。





 かのこちゃんと、優しいお父さん、お母さん。

 とてもとても幸せそうです。


 かのこちゃんと、「ふんけーのとも」すずちゃんとの、ちっちゃくておっきくて賑やかな友情。

 かわいくて、可笑しくて、微笑ましかったですねえ。


 マドレーヌ夫人と、その「夫」との情愛。

 ホロリとさせられました。


 そして、かのこちゃんとマドレーヌ夫人のちょっとだけ不思議な交流。

 じわっと沁みる、温かさがありました。



 孫を見ているような感覚で、微笑んでしまいそうでしたよ、必死に耐えましたけど(さすがに電車内で微笑んだら気持ち悪がられるので(笑))。




 物語の最後は、ちょっとだけしんみりとした、ゆったりとした余韻を感じさせてくれました。

 ああいう終わらせ方はニクいですねえ。ちょっとだけ先の未来が、とても気になるじゃないですか。



 いい話を読んだなあ、としみじみ思った作品でした。

 レーベル的には小中高生向けなのかなと思いますが、大人でも十分楽しめると思います。




かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
筑摩書房
万城目 学


Amazonアソシエイト by かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 57

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2011年07月05日 22:40
あきません。泣いてしまいそうな予感を感じる本です。
私、最近、涙腺弱くなってます(^_^;
(でも、読みたくなります。。。)
2011年07月05日 23:37
電車内で、おもしろい作品や感動する作品を読んでると気を使いますよね。不審者みたくなっちゃいそうで(笑)
この作品、おもしろそうですね。読みたくなりました

2011年07月06日 07:55
丁度今手元にこの本があるんですよ。
読むのが楽しみです。
いつも良い本のご紹介嬉しいです。
2011年07月07日 21:59
たかじいさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

いえ、泣くまではいかないかと・・・・・・私のような涙腺の水門が常に全壊の人間ですとこの程度でも崩壊しますが(笑)。
2011年07月07日 22:01
キーブーさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

面白いのを読んでて笑いをこらえるときが一番辛いですね。
プルプル震えてしまって・・・完全に不審者です。変質者とも言うかもしれません(笑)。
2011年07月07日 22:05
かずさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

最近、ほのぼの系の作品に弱いため、テンション高く書いてしまいました。
特に、自分の子供と同じくらいの年の子が出てくる本に弱いんですよね~それ故に、評価も高くなる傾向があります(笑)。
2011年07月08日 05:55
kemochimeさんをうるっとさせ、電車で思わずくすっとさせる本なんですか?!読んでみたいです。
私も電車の中で笑ったり泣いたりして、不審者になるひとりです。わけわからん文字の本読んでるへんなアジア人になってます。。。
2011年07月10日 21:27
黎明さん、こんばんは。コメントありがとうございました。

私はうるっとさせるのは簡単でして・・・・・・(笑)。
すぐに感化されますので・・・。
不審者仲間(笑)がいてくださると心強いです!!

この記事へのトラックバック