『武士道エイティーン』(誉田哲也 /文藝春秋) :感想

 剛の香織と柔の早苗、2人の剣の物語も遂にクライマックス!

 激突する2人、舞台はインターハイ!


 この対戦が2人の武士道が集約されたものであるのは間違いないですが、そこだけにスポットが当てられているわけではなく、タイトルの通り、「エイティーン」の一年間の成長が読みどころだと思います。
 (反対に、メリハリが薄いという評価もあるかもしれませんね~)



 試合以外でも、普段の稽古に、日常に、武士道が根付いているわけで。
 
 試合以外の部分で感じた武士道が私は好きでした。



 大会が終わり、高校剣道を卒業した後の2人の進む道にも、切っても切れないのやはり武士道(笑)。

 早苗の武士道と、香織の武士道は似ているようで全然違うのが、いいですね。

 素直に楽しめました。



 この三年間での香織の人間的成長を感じるのも楽しかったですし、お気楽不動心な早苗の葛藤と克己にも感じ入りました。

 最後の最後で、最初の頃の香織と早苗とは逆のお願いの仕方をしていたりするところとかは、シリーズものならではの面白さを感じました。

 おー、攻守交代しとるって(笑)。



 ところで、本作『武士道エイティーン』では、本編の流れの中に、サブキャラクターのサイドストーリーが挟み込まれる形で語られていきます。


 早苗の姉、「緑子」と岡巧の物語。

 香織の師匠、「桐谷玄明」の物語。

 早苗の指導顧問、「吉野正治」の物語。

 そして、香織と早苗の後輩、「田原美緒」の物語。


 それぞれの18歳の頃。

 四者四様の「エイティーン」が、香織と早苗の「エイティーン」に厚みを持たせるって構成だと思います。

 でも、美緒の話は本編とも強いリンクがあると思いましたが、その他は必然性はそこまで高くなかったかも。

 それらはサイドストーリー集でも良かったんじゃないかなとも思ってみたり。
 
 もちろん、謎に満ちていた部分や伏線が回収されたのは嬉しかったです。私は、サイドストーリーも大好物なので。


 もっと語ってほしい魅力的なキャラ満載ですから、追加でサイドストーリー出してくれませんかねえ。

 黒岩レナとか河合さんとか。




 剣道に打ち込んだ三年間の物語。

 読後感清々しく、明るいエンドでした。

 18歳くらいの頃に読めば、「よーし、いっちょやってやるか!」とか思ったかもしれませんね~。

 今の私には若さが眩しすぎますが(笑)、活力をもらいました。
 
 明日も頑張ろうっと。



武士道エイティーン
文藝春秋
誉田 哲也


Amazonアソシエイト by 武士道エイティーン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 51

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック