『風の歌を聴け』(村上春樹 /講談社文庫) :感想

 村上春樹氏のデビュー作である本書。


 1970年、主人公の「僕」が過ごすハタチの8月。友人の「鼠」、泥酔状態だったのを介抱して知り合った四本指の女・・・・・・気障なようでスカしているようで、でも結構根っこは優しい「僕」。


 単なる青春ストーリーでは全くない、不思議な感じの物語でした。


 
 シャレた感じのテイストで淡々と軽く文章が流れていく感じで・・・・・・ぼーっと読んでいると終わってしまいます(笑)。

 アメリカの片田舎で車をぶっ放して、国道沿いのちっちゃな店で、ジュークボックスから流れる音楽を肴にビールをかっ喰らう・・・・・・そんなイメージが頭の中に浮かびました。
 
 まったくそんな話じゃないんですけどね(笑)、何かそういう雰囲気が頭に浮かび上がったんです。読んでて。

 ビーチ・ボーイズの「カリフォルニア・ガールズ」を聞きながら読むとさらに雰囲気アップなのは間違いないでしょう。



 1回読んだだけではわからなかったところもあり・・・・・・3回読み返してしまいました。

 読み返すにつれて、細かい表現とか言い回しに気を配っているところとかが浮かび上がってきましたね~。凝ってますわ。



 最後に・・・・・・


 村上氏が影響を受けたと言う作家、デレク・ハートフィールド。

 あとがきにはヤラれました(笑)。
 

 



風の歌を聴け (講談社文庫)
講談社
村上 春樹


Amazonアソシエイト by 風の歌を聴け (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 71

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年06月15日 08:31
こんにちは。
私も読みましたが、おっしゃるように不思議な
感じがしますよね。
あまりよくわかりませんでした。村上さんの
作品は音楽との関係も深いので、作品から
曲を辿ってみるのも面白いです!
3回も読まれたとは、さすが
2011年06月15日 12:16
懐かしい作品ですね。たしかに、わたせせいぞうの絵なんかが似合いそうではありますね。
私も村上春樹大好きですが、2回しか読んだことありません(笑)。もう一度読んでみようかな。
ちなみに、私のブログの名前はこれに出てくる「ジェイズ・バー」から来てたりします^^。
2011年06月15日 23:16
この時期ならば、「1973年のピンボール」を何度も読み返しましたよ(^_^) 懐かしいですね。
2011年06月15日 23:36
ミモザさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
最初、ぼーっと読んでいたら終わってしまったのでこれはいかんと読み返し・・・2回読んだら何となくわかった気になり・・・3回読んで、ああ、なるほどなるほどと思ったという次第でして。感性が追いついていかなかったのです(笑)。
音楽がいっぱい出てきますよね。さすがはジャズ喫茶を経営されていただけありますなあ。
2011年06月15日 23:39
Gummoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ほんと、わたせせいぞう氏の絵なら合いますね!!!なるほどなるほど。
ジェイズ・バー、鼠や僕とでビールを浴びるように飲んでみたいですね(笑)。
J's Barから転じてブログ名をG's Barにされたということでしたか~。私も好きな作品から何か引っ張ってこようかなあ。
2011年06月15日 23:41
たかじいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私は『1973年のピンボール』は未読なのですが、次はそれと決めています!
2011年06月17日 01:34
これは、なぜか読んでいないですね。
いつか読むと思います。
やっぱり「ノルウェイの森」ですね。
「ダンスダンスダンス」もいいかな?

2011年06月17日 23:56
こんばんは、かわいさん。コメントありがとうございます。

私はまだ『ノルウェイの森』を読んでいないのです。あまりにも有名すぎて手を出していないのですが、そろそろ解禁しようかなと思っています~。

この記事へのトラックバック