『虹を操る少年』(東野圭吾 /講談社文庫) :感想

 幼い頃から他の人とは違う力を持っていた光瑠。
 
 彼が奏でる光の旋律、「光楽」に惹かれた若者たちに起こった異変。
 
 そして大人たちは、光楽の力に目を付ける。


 光瑠の目的とは?

 大人たちの狙いとは?


 光瑠は危機を脱することはできるのか?


……というような展開なのですが、これまでに読んだ東野作品とは違った雰囲気を感じました。


 トリック的な謎が出てくるわけでもなく……光瑠が何を考えているのかは謎でしたが(笑)。


 サスペンスというよりは、SFですし……ラストも東野氏としては珍しく(?)、未来を感じさせる終わらせ方でした。



 私の周りに話を振ってみたところ、賛否両論。


 新境地を開いた的なことをいう人もいれば、光を使ったトリック殺人かと思ったのにガッカリみたいなことをいう人もいて(←この人は謎解き大好きなのでトリックがない作品は全部怒るんですけどね(笑))。

 まあ、彼らも、話を振ったらすぐに議論になるくらい東野圭吾が好きなのです(笑)。




 人間の新たな可能性について考えるキッカケになりうる一冊、かなと思います。


 「そうだなー、なるほど確かに『光』って昔からそう言われているよなー」というのが私の一番の感想(?)でしょうか。

 わかりにくくてゴメンナサイ。まあ、ネタバレ回避ということで(笑)。




虹を操る少年 (講談社文庫)
講談社
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by 虹を操る少年 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック