『塩の街』(有川浩 /角川グループパブリッシング) :感想

 本作は、有川浩氏のデビュー作です。


 「塩害」-----塩の脅威に曝され、そして崩壊していく街。

 謎の巨大塩結晶が見つめる崩壊寸前の東京で、未来は見えなくとも穏やかに暮らす秋庭と真奈。

 しかしその2人の暮らしは、ある男の来訪で劇的に動き始めていくことになります。

 2人の恋は世界を救えるか?!

 
 ・・・的なお話です。



 さて。

 物語は、秋庭と真奈が、悟ったように穏やかな青年との出会いと別れから始まります。

 ここは切ないんですけどゆったり感があるんですよね。

 続く、悪辣だけど哀しい男との出会いと別れのエピソードも、まだゆったり感があります。

 そして、秋庭とは旧知の入江が2人のもとに訪れたところからギアが入ります。

 クライマックスは音速のスピード感(笑)。



 個人的には、一番最初のエピソードが好きですね~。


 この世界に溢れる「塩」が何でできているかの発想には、ナルホドそうきたかと思いました。
・・・・・・塩が使えなくなりそう(笑)。



 ハッピーエンドなのは私好みなのですが、出てくるキャラと都合のいい展開が・・・全体としてライトノベル感が強いですね。

 ライトノベルに全く抵抗の無い(いや、むしろ好物の1つ)私には何ら問題ないですが、重厚な人物と緻密な展開が好きな方には軽すぎるかもしれませんねえ。



 危機と苦難に襲われながらも、再生していくこの世界を見て、今の日本を重ね合わせてしまいました。

 現実の我が国もきっと復興します!




塩の街 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
有川 浩


Amazonアソシエイト by 塩の街 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年05月21日 01:32
この本を読みたくなるような文はさすがkemochimeさんですね。塩の正体ってなに???と思ってしまいます(^_^)
2011年05月21日 23:55
たかじいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
塩の正体はですね・・・って、さすがに重度のネタバレは控えます。
いや、引っ張るほどのネタではないですけど(笑)。
2011年05月22日 20:57
いま、有川浩さんの阪急電車を読もうとしているのですが、ちょっと挫折しています。
短編なので読みやすいはずなんですが…。
最新作の「県庁おもてなし課」もおもしろそうですね。
2011年05月23日 23:39
かわいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

私の友人も、“『阪急電車』挫折した”と言っていました。私はまだ読んでいないので何ともよくわからないのですが・・・・・・ここ1年で甘い系に耐性が出来たので大丈夫かなと思っています。
『県庁』は近々買おうかなと思っています。内容について友人たちの中では結構議論になってました。賛否両論ある作品は結構好きです。

この記事へのトラックバック