『半落ち』(横山秀夫 / 講談社文庫) :感想

 横山秀夫さんの代表作の一つと言われる本作。横山信者の知人から、横山作品の素晴らしさと直木賞候補に上がったときの大論争の話を聞いたので・・・・・・私は未読だったのでこの機会に読んでみました。


あらすじとしては……


 病に苦しむ妻を手に掛け、自首してきたW県警の警部・梶。

 しかし出頭までには空白の2日間があった。

 殺害までの供述、立証は万全。しかし、殺害後の経緯については真実を語らない。


 完落ち、ではない。
 梶は半落ち-----


 警察官、検事、記者、弁護士、そして裁判官。
 
 事件にあたる関係者らが真相を明らかにできないまま、梶の事件は、次のステップへ、そしてさらに次のステップへと進んでいく。

 まるでベルトコンベアに乗せられているかのように……


 秘められた真相は何か、そして梶の思いとは-----


・・・・・・・という感じのストーリーです。


 物語は、県警の取調担当刑事の志木、担当検事の佐瀬、事件記者の中尾、担当弁護士の植村、裁判官の藤林、刑務官の古賀の視点で語られていきます。

 刑事手続きが次のステップに進む切れ目ごとに次の視点に切り替わる感じですが、すっきりとバトンタッチされていますので読みやすかったです。

 県警、検察、裁判所がそれぞれ保身に腐心している中、梶の刑事手続きがするすると進んでいってしまうのが・・・・・・組織にとっては、真相究明よりも、妥協と調和と保身が重視されているってことなのでしょうが・・・・・・なんともやるせないというか。


 「空白の2日間」に何があったのかはクライマックスまでわからないまま。


 当事者たちは梶の心情を知るために力を尽くすのですが、梶は口を割らない。

 ただ、全容が明らかにならなくても事件は処理できてしまうので拘泥はできない。

 彼らは、何よりも保身を重視する組織に属していることをもどかしく思いながらも、最終的には組織の人間として振る舞わざるを得ない…・・・。

 お互い口には出さないけれど、奇妙な連帯感で繋がる登場人物たち。


 そして、次の担当者に解明を託す。

 梶がどういう人間なのかをみんな肌で感じ取っているんですよねえ。だからこそ真相が知りたい、と。


 熱く、でも、大人の世界からははみ出さない男たち。

 最後まで熱かったのは刑事の志木でした。



 真相は明かされるのか?それは読んでのお楽しみということで(笑)。





半落ち (講談社文庫)
講談社
横山 秀夫


Amazonアソシエイト by 半落ち (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 67

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年03月27日 23:30
TVで映画は見たんですけど、kemochimeさんの解説読んだあ本を読みたくなりました。
今手元に2冊あるんです。ジーンワルツも読まなくちゃいけないし、忙しいです(^^ゞ節電のこの時期、本はいいですネ♪
2011年03月28日 14:59
横山秀夫、私も大好きです^^。
同じく映画化された「クライマーズ・ハイ」もオススメですよ。
2011年03月28日 23:21
oriverさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

『ジーン・ワルツ』の続編?の『マドンナ・ヴェルデ』も読みたいんですよねえ。
ほんと、本はいいですね!
2011年03月28日 23:22
Gummoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

オススメありがとうございます!!!
『クライマーズ・ハイ』は友人からも勧められまして、是非とも読むべき作品だと思っています。
2011年04月01日 00:25
半落ちは映画で観ました。
本だともっと違うように受け取れるんでしょうね。
映画もどうにもならない人間関係や権力関係...

複雑で色々な感情がわきあがりました
2011年04月01日 22:43
まめたろうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
どうにもならないしがらみは、何とも言えずもどかしいですよねえ。読んでいてもモンモンとしてしまいました。

この記事へのトラックバック