『秘密』(東野圭吾 /文春文庫) :感想

 昨年、志田未来さん主演でテレビドラマも放映された『秘密』。妻も見ていました。

 
 バス事故という大惨事から始まる話ですが、出てくる人たちが、全く救われない結末にはならないように東野氏の配慮(?)がなされているのは、ハッピーエンド好きの私にはありがたいです。

 本作がハッピーエンドと評価されるものかどうかはわかりませんが、少なくとも救われているとは思います。

 娘を持つパパ的には、かなり切ないですがねえ・・・。


 周りには、伏線回収が露骨すぎと言う人もいましたが、回収されないよりはいいですって(笑)。



あらすじとしては……


 バス事故により、杉田平介の妻・直子は帰らぬ人となり、娘の藻奈美は意識不明の重体に陥る。


 目を覚ました藻奈美には、なんと直子の意識が乗り移っていた。


 外見は娘。中身は妻。


 藻奈美として、人生をやり直すことになった直子。

 奇妙だが、穏やかな夫婦生活が始まった。


 しかし、時とともに、藻奈美と直子は成長し、変わっていく。


 そして、平介と直子の関係も変わっていってしまうのか-----


・・・というようなストーリーなのですが、日常生活が奇妙だから読んでいて楽しかったですね。

 平介と直子も楽しそうでしたし。

 ただ、楽しそうなシーンが続くと、その後の展開が厳しくなりそうでコワかったですが……。

 コワい話でなくてよかったです(笑)。



 直子はすごい人ですね。強いです。
 
 その対比で平介に漂う哀愁が濃く感じられます。



 ラストシーン。

 私が平介だったらどうなるかなあ。

 同じような感じになりますかねえ……。



 本作は、じっくりとラストまでの過程を楽しむ作品かなと思います。

 二時間ドラマでなくて連続ドラマだったのは納得です。

 ドラマも見てみたくなりましたねえ。




秘密 (文春文庫)
文藝春秋
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by 秘密 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 75

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2011年03月21日 00:01
これは映画も本も読みました。本当にせつなくなりました。本当に誰も悪くない、、、でも、なにかの歯車が、、、
竹内まりやさんの「天使のため息」を聞きながら一緒に読みました。ラストの気持ち、よく分かります。
2011年03月24日 21:38
映画のヒロスエさん、可愛かったなあ~。
まさか、キャンドルさんという方と再婚するとは…。
あっ!
二人目の子どもさん生まれたようですねえ~。
2011年03月25日 23:41
たかじいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ラストは私だったら2発と言わず・・・(笑)。でもやっぱり、ああなっちゃいそうです。
2011年03月25日 23:43
かわいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

ヒロスエさんはヤングジャンプでよくグラビアになってて、ぼけーっと写真を眺めていた頃を思い出します(笑)。

この記事へのトラックバック