『パラドックス13』(東野圭吾 /毎日新聞社) :感想

 P-13現象-----3月13日午後1時13分13秒から13秒間が地球の運命を決める。


 1時13分、捜査一課の管理官・久我誠哉は、強盗犯を追い詰め、まさに逮捕せん状況にあった。

 そしてまた、所轄の巡査で、弟の冬樹も、犯人の車の前に立ちはだかっていた……。


 そして運命の時間を迎えた時、冬樹は人気のない世界にいることに気付くのだった。


 なぜ人が消えてしまったのか?

 消えた人はどこに行ってしまったのか。


 兄の誠哉も含め、集まった生存者はわずか10人余り。


 安全な地を求め、移動する彼らに容赦なく天変地異が襲う。


 もはや彼らに未来はないのか。


 そして、P-13現象とは何なのか-----


……といった感じのストーリーです。



 生き残りを懸けた行程は、まさに艱難辛苦の道のり。

 進んでも未来が開けるかどうかわからないというのは絶望感しかないですよね。

 その中で全く諦めない誠哉の信念の強さは恐ろしい程でした。怖いですね、あの強さは。



 発狂しそうな中での行程は衝突と諦観と悔恨がごちゃ混ぜになって、一縷の希望もない状況。

 自分だったら、到底生き残れなさそうです。



 人類を滅ぼさんとする勢いで荒れ狂う自然。

 東京の街中で津波が起こり得るというのも恐ろしい話です。

 大地震が頻発すれば、地下鉄や地下街や地下道だらけの道路は陥没し、止まない雨はコンクリートだらけの地表には染み込むことなく、水かさが増していくでしょう。

 そんな中で生きていけますか?


 現実に、天変地異が多重に起こったら……と想像したら、怖くなってきました。



 東野圭吾氏はこんなSF作品も書くのですね~。

 映像のインパクトもありそうなので、映画化されそうな作品ですね。


 ちなみに、誠哉らに合流した人物は全部で13人。

 ゴルゴ13並みに、13づくしなお話でした(笑)。


パラドックス13
毎日新聞社
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by パラドックス13 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 58

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年02月26日 17:46
こういうストーリーのも面白くて読んでみたくなります。
映像化されたら、迫力ありそうですね。
手に汗にぎって観てしまいそう(^^♪
2011年02月26日 20:38
keikoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

東野氏らしからぬSFチックな世界に驚きました。
ネタ的には目新しさはないかもしれませんが(笑)、いろいろ挑戦してますね~。
2011年03月01日 15:37
この本はパパさんがとても細かく話してくれて、映画化してほしい。と熱望していました。意外なストーリーというか、引き出しをいくつも持っているのでしょうねぇ。
2011年03月01日 22:47
nicomamaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

映画化される予感ビンビンです。
誠哉の発言はビミョーなものもありますが・・・天災のシーンはスゴイことになりそうですねえ。
2011年03月02日 20:26
この本を読んでた頃豪雨が続き、本当に地球がどうにかなってしまうのではとビクビクしていました。
2011年03月02日 23:46
ななさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

豪雨は怖いですよね・・・・・・。
小さい頃、床下浸水したくらいで相当怖かったです。
最近の自然現象はここ20年でかなり激化したように感じられますし、何が起こるか本当にわからないのが怖いです。

この記事へのトラックバック