『赤い指』(東野圭吾 /講談社文庫) :感想

 本作は、家族の絆を描いた物語です。年始にドラマが放映されていたそうで……東野圭吾氏の作品は映像化されまくりですね~。


あらすじとしましては……


 前原昭夫は、ごく普通の一家の主。

 
 妻からの電話を受け、急ぎ帰った我が家で待っていたのは、少女の死体。

 犯人は息子。


 妻の取り乱しぶりと、ボケた母の奇行が前原を苛立たせる。

 覚悟を決めた前原は、息子の罪を隠し通す道を選ぶ。


 公園のトイレで発見された死体。

 事件を担当した警視庁の松宮は、従兄でもある所轄の加賀刑事と共に事件を捜査する。

 加賀刑事は、前原家をじわじわと追い詰める。


 このままでは逃げ切れないと悟った前原。

 そこに浮かんだ恐ろしきアイディア。

 前原の打った最後の一手は加賀を振り切ることができるのか-----


……という感じのストーリーです。


 取り上げているテーマは、少年犯罪と認知症介護。

 東野先生、これまた重い話を……。

 しかも被害者は幼い少女。もう最初のあたりは読んでいて居たたまれなくなってきました。


 妻は取り乱しちゃってるし、母はボケちゃって何しでかすかわからないし、犯人である息子は、他人ごとのようにしか思っていないし……こんな状態でも逃げ切ろうと思ってしまう無茶な前原ですが、まあ極限状況に置かれると冷静な判断はできなくなりますもんね。

 そこに登場するのが、怜悧明晰にしてじっとりじわじわ犯人に食らいつく加賀刑事の登場です。

 じわじわ追い詰められる前原が取った最後の手段が、これまたよくそんなことを思いつくよなというモノ。

 うまくいってもいかなくても、哀しみしか残らない手段を使いやがって……。最後の使い道だと思ったのでしょうが……。


 「赤い指」に込められた思い。

 つい涙ぐみそうになりました。


さて。

 
 本作では、前原家に加えて、松宮刑事と伯父の絆、そして伯父とその実子である加賀の関係という人間ドラマも楽しめます。

 この上なく陰惨な事件でしたが、最後にちょっとカタルシスを感じることができるのが救いでしょうか。


 介護やら少年犯罪やら、いろいろ考えさせられました・・・。

 ズシーンときたので、次は軽いの読みます(笑)。




赤い指 (講談社文庫)
講談社
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by 赤い指 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 58

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年02月01日 23:55
おっしゃるとおりですね。東野氏の小説はドラマ、映画とすごいですよね。私は個人的に、「秘密」はなんとも言えない悲しく切ない話でした。。。これも重いテーマでしたね。。。
ぜひとも、次は軽いのを。心もフワフワできるような本もぜひぜひ!
2011年02月02日 00:00
ずしーんと来る系なのですね。。。
少女の死体とあったので、息子の彼女かなんかかと思っていたら、幼い女の子ですか んで息子は他人事のような感じだと・・・うーん・・・息子、警察へ突き出したれ!って思っちゃいました(笑)
お父さん、家族のために無茶しちゃうんですね。悲しいなあ。。。
2011年02月02日 00:01
たかじいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
最近、いろいろあって沈んでいるので、オススメのようなフワフワできるようなものを読みたいと思っています(笑)!!

「秘密」は会社の人が貸してくれるというので順番待ちです。待ちきれなくて買ってしまうかもしれませんが・・・・・・。
2011年02月02日 00:20
キーブーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
父ちゃんは、最初は警察に突き出そうとしたのですが、母ちゃんが泣いて止めるので・・・・・・。
ずっと父ちゃんは葛藤してました。
ほんと、悲しい話です。
2011年02月02日 01:27
気持ち玉ありがとうございました。
赤い指…好きな作品です。
読み終わった後の何とも言えない気持。。。
家族愛にもいろいろありますね。
2011年02月02日 05:11
こんにちわ。
私は、テレビで見ました。そうなってしまった事情の背景についていろいろ考えてしまうストーリーでした。記事を読んでまた、思い出してしまいました。
2011年02月02日 08:45
こんにちは。究極の家族愛というと
格好がいいのでしょうが、間違った方向へ
向かってしまう悲劇ですね。
切ないです。息子には腹がたちます!!
いつも東野作品の評を楽しく、参考にさせて
いただいています
それにしてもこのスピードで読めるのは
凄いですね
2011年02月02日 15:05
ドラマを観ました。息子とズドーンと暗くなってしまいました。「パパの本棚にあるよ」っていったら、「小説までは読めない。怖い。」といってました。私もです。
2011年02月02日 19:36
介護と少年犯罪は永遠の課題ですね。
東野圭吾さんの見る視点は鋭い。
WOWOWでよくドラマ化になる方なんですよね。
2011年02月02日 21:50
Qooママさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

私も、読み終わった後はホント、なんともいえない感が漂いました・・・・・・。
2011年02月02日 21:54
シュークリームさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私は、いろいろ考えているうちに、ズシーンとした気持ちになってしまいました・・・・・・。なので、次は明るい話を読みます(笑)。
2011年02月02日 21:55
ミモザさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

自分だったらどう判断するかとか考えていると、これまた気分が重くなってきます。内容が内容だけに・・・・・・。
ほんと、切ないですよね~。
2011年02月02日 22:02
nicomamaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
あれが映像化されると・・・怖すぎるのですが・・・・・・小説の方がまだ怖くない気がします(笑)。
2011年02月02日 22:04
dragon pearlさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

ほんと鋭いですよね~。それなのにふざけた(?)コメディも書きますし。幅広い方だなあと思います。
2011年02月03日 21:46
やはりズシーンときましたか。
前に感想言ってたと思いますけど、本当に読んだ後、気持ちが暗くなり重苦しい気分になりました。
今の社会で起こりうるテーマなのでドラマにもなるのでしょうね。

2011年02月04日 19:02
keikoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

ズシーンズシーンズシーンです・・・。読後は軽いのを3連発で読んでテンション変えました。
おっしゃるとおり、リアリティがあるからこそ、読んでて重くなるのでしょうし、ドラマにもなるのですよねえ。
2011年02月04日 22:54
これは、単行本で発売されてすぐに読みました。
またまた最高に重いお話でしたね。
舞台が密室(一般家庭)でした!
ドラマよりも演劇にした方がいいかも?
…と読みながら思っていました。
2011年02月04日 23:33
かわいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

なるほどなるほど演劇向きですか!
いずれにせよ重苦しい雰囲気が劇場を埋めそうですね・・・・・・いや、役者の斬新な演技で明るい舞台が?!?・・・ってこのストーリーに限ってさすがにそれはないですね(笑)。
舞台が密室というのもなるほどですねえ。

この記事へのトラックバック