『氷菓』(米澤穂信 /角川スニーカー文庫) :感想

 本作は、今も『インシテミル』が売り上げ好調な米澤穂信さんのデビュー作です。


 友人の福部から「灰色」の生活を送っていると評される折木奉太郎。本作は、奉太郎が、高校合格時に姉からの手紙を受け取るところから物語が始まります------

 後で何されるかわからないという理由(笑)で、「古典部に入りなさい」という姉の手紙の通りに古典部部室に向かった奉太郎。


 そこには、千反田えるという先客が。

 「一身上の都合」のために入部した千反田。



 灰色の生活を送っていた奉太郎が、古典部で出会った千反田えると手を取り合って、キャッキャウフフな薔薇色生活を送るハートフルストーリー…………の訳はありません(笑)。


 さて。


 日常系ミステリの小話がいくつかあった後、千反田の「一身上の都合」に関わる謎解きが始まります。


 33年前、古典部部長だった千反田の伯父。

 伯父が退学するキッカケとなった事件とは何だったのか。
 
 その当時作成された部誌、「氷菓」に書かれているキーワードを元に奉太郎は真実に迫っていく・・・・・・


……という感じのストーリーです。


 「古典部」という名前から想像されるような活動をしているわけではないので、っていうか、何もしていないので、何をする部活なのかよくわかりませんが(笑)、仲間とともに取り組むってのはそれだけで楽しそう。

 灰色生活の奉太郎にも変化が出てきましたね~。

 
 でも……灰色じゃダメなんですかね?

 世の中全てが薔薇色なんてことは有り得ないですし、薔薇色だからっていいわけじゃないですし、最良とも限りません。少なくとも、絶対的な最良ではないでしょう。

 ひねくれ者のおっさんから見ると、灰色だって悪くないと思うんですよね~。
 まあ、高校時代にはそういうふうには考えなかったですけど。薔薇色万歳!でした(笑)。


 おっちゃんになってから読むのと現役の学生の頃に読むのとでは、感じ方が違ってきますよね。
 
 特に、こういう学校が舞台になるストーリーでは。

 現役少年時代からずっとこういう青春系(?)を読み続けていますが、一体どのあたりが境目になって、受ける感慨が変わるものなのか………どなたかに解明していただきたいものです(笑)。


 話が逸れました。


 本作は、「古典部」シリーズ第1作に位置付けられており、現在のところ第5作まで刊行されています。


 私は奉太郎のようなガキが大好きなので、本シリーズは彼らが卒業するまで続けてほしいですね~。

 米澤先生、是非とも卒業まではお願いします。



○ リンク : 「古典部」シリーズ

第2作 『愚者のエンドロール』
http://kemochime.at.webry.info/201102/article_2.html

第3作 『クドリャフカの順番』
http://kemochime.at.webry.info/201102/article_12.html

第4作 『遠まわりする雛』
http://kemochime.at.webry.info/201102/article_31.html

第5作 『二人の距離の概算』
http://kemochime.at.webry.info/201105/article_10.html




氷菓 (角川スニーカー文庫)
角川書店
米澤 穂信


Amazonアソシエイト by 氷菓 (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年02月02日 22:58
昨日のコメントが気になってので、、、
実を言うと私は沈む事が多いんです。まあ、体調的な部分がほとんどですが。会社の事で悩んだときは、「RAILWAYS」(小林弘利氏)、もっと落ち込んでそっから立ち上がってくるには、浅田次郎氏の「壬生義士伝」、心温まるならば、季節は違いますが、星新一氏の「ある夜の物語」(未来イソップに入ってますかね)、西原さんは既に読まれているので、問題ないと思いますが。。。勇気が出るなら、吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」、無理をしないでください。ぼちぼちいきましょうよ!
2011年02月03日 15:05
同感です。でも、やっぱり灰色よりはバラ色のほうがいいかなぁ。
ところで、どうして米澤穂信の登場人物の名前、小難しいのでしょうか? 
2011年02月04日 00:11
たかじいさん、こんばんは。
お心遣いありがとうございます。
私も体調から来ていまして・・・。

『君たちはどう生きるか』は、中学校1年生のときに教科書代わりに読まされていました。懐かしいですね~。
また、いろいろな本のご紹介をいただきましてありがとうございます!!楽しみによまさせていただきます!
2011年02月04日 19:08
nicomamaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そりゃどっちかを選べるなら薔薇色の方ですよ(笑)。

本作で出てくる名前も変わった名前というか何と言うか・・・ですよね。
奉太郎とえるがくっつくかどうかより、ふくちゃんと摩耶花がくっつくかどうかのほうが気になったりします。

この記事へのトラックバック