『使命と魂のリミット』(東野圭吾/ 角川文庫) :感想

 先日まとめ読みした『医龍』で上がった医療テンション(?)が継続中なので、本作に手を伸ばしてみました。

 心臓外科医になりきった(もちろん私が主人公)テンションのまま本作を読むことになったので、途中までは、「姑息な教授連はバッサバッサ切り捨てちゃうよー」くらいの勢いある軽いテンションで読んでいたのですが……そこは東野センセ。そんな軽くは読ませてくれません(笑)。


さて、あらすじは・・・・・・・・


 研修医・氷室夕紀。
 父を心臓動脈瘤破裂で手術中に亡くし、それがきっかけとなって医師の道を志す。

 夕紀は、父の執刀医だった帝都大学・西園教授の元で、心臓外科医としての経験を積んでいく。


 しかし、母と西園が親密な関係にあることを知った夕紀の胸には、抑えてきたはずの疑念が再び膨らみはじめるのだった。


 父の死は医療ミスだったのではないか、それとも---------


 折しも帝都大学病院を襲った脅迫事件と爆弾騒ぎ。
 
 復讐に燃える直井穰治は、入院中のアリマ社長・島原を狙う。


 脅迫事件担当刑事から聞かされた父の過去。

 そして、父と西園の関係を知った夕紀の心は大きく揺れる。


 そんな中で始まった島原の手術。

 西園は、夕紀は、極限状態の中での手術を成功させることができるのか、そして父の手術の真実とは・・・・・・


……という感じのストーリーです。



 医師としての使命。

 警察官としての使命。

 企業人としての使命。

 そして、奪われた者の使命。

 本作で出てくる人物たちが、タイトルどおり、使命と魂の間で悩み苦しむ姿が印象的でした。
 特に、直井ですねえ。


 東野センセらしく、理工系技術を生かした細工を使った仕掛けも、へぇ~と勉強になった感じがしますが(笑)、やはり読みどころはヒューマンドラマの部分ですね。

 
 人の命は重い。

 それがわかるのも、人間であればこそなんですよね。


 読後は、東野氏らしからぬスッキリ感(笑)。

 ドキドキと不必要に身構えていたので、ある意味、拍子抜け(?)ですが、私はこういう結末も大好きです。




使命と魂のリミット (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by 使命と魂のリミット (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 69

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年01月26日 22:57
kemochimeさんのテンションがうつってきそうですね(^_^)
東野さんのスッキリ感ですか、、、興味ありますね。
2011年01月26日 23:03
kemochimeさんのテンションがうつってきそうですね(^_^)
東野さんのスッキリ感ですか、、、興味ありますね。
2011年01月26日 23:04
すみません。コメントが2回入ってしまいました。申し訳ないです。
2011年01月26日 23:14
たかじいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いえいえお気になさらず。実は私も別の方のブログへのコメントで連コメしてしまいました(汗)。
今日はサーバーの調子が悪いのですかねえ。
2011年01月27日 08:04
素晴らしい!kemochimeさんって、幼い頃から感想文王子だったのでしょうか?いつもハナマルを頂いていたのでしょうね?
う~、読まずにいられないです。
2011年01月27日 22:16
pass子さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

生まれて初めて王子と呼ばれました・・・・・今日のこの日を忘れないようにします(笑)。

この記事へのトラックバック