『日出処の天子』(山岸涼子 /白泉社文庫・全7巻) :感想

 図書館で借りてきた古~~いマンガを読んでいたら、うちの奥さまが、久々に読みたいから借りてきてと指定したのが本作です。


 私は名前だけは聞いたことはあったのですが、読むのは初めてでした。


 主人公は、タイトルにある二つ名でお馴染みの厩戸皇子と、蘇我毛人(えみし)です。


 ・・・まさかこういう話だったとは(笑)。

 全部まとめて一気読みしました。


 厩戸皇子は、歴史の教科書でお馴染みの聖徳太子とはかけ離れた、異能を持つ野心家で策略家に描かれています。

 
 欲しいものは、天下ではなく、ただ一つだけ。


 それを手に入れることが出来ないもどかしさに身悶える皇子。


 苦しむ皇子を助けてやれないことに悩む毛人。


 それを見てまた苛立つ皇子。


 ああ、負のスパイラル。


 蘇我氏というと、悪者のイメージで描かれることが多いように思いますが、本作の毛人は美形の優男。

 お父ちゃんの馬子はかわいそうに、イメージ通り(笑)。


 我々の知る歴史とはちょっと異なるストーリーですが、子供の頃に教科書に載っていた聖徳太子の肖像画は別人のものだとか、そもそも聖徳太子は実在しないとかいう話があるくらいですから、本作のストーリーが史実通りである可能性も十分あるわけで。



 歴史ロマンというか、古代の愛憎劇を描いた大作だと思います。


 ずいぶん昔の作品ですが、名作と呼ばれるものはやっぱりオモシロいですねえ。

 昔の作品もいろいろ文庫本サイズで復刻されてきているのが嬉しいです。
 
 読んだことのない名作漫画を物色してみようかな。


 本作は普通に買えますけど、古いマンガ(もちろん、本もそうですが)って、絶版になっているものががありますよね。

 そういう入手困難な本を読めるのが図書館のいいところだと思います。
 
 


日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)
白泉社
山岸 凉子


Amazonアソシエイト by 日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 55

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年01月16日 23:59
大いなる助走を手にとっていただき、ありがとうございます。
筒井康隆さんの本は好き嫌いがはっきり出るので、少し不安ですが、(^_^; また感想教えて下さいね。
2011年01月17日 13:12
こんにちは。
うわっ!懐かしい!
リアルタイムで読んでました♪
ストーリーはちょっと忘れ気味ですが…うまやどの皇子(漢字じゃなくてスミマセン)の妖しく美しい姿は、衝撃的だったと覚えています。

山岸涼子さんの漫画は、短編も妖しさ満載の作品も多く、ストーリーも面白いので大人になってからも、結構読みました♪
2011年01月17日 17:44
これ、私も大好きおりおりに取り出しては読んでます。なので、うちの本棚には全巻揃っております
登場人物たちが成長したり年を取って行く様子が、とてもうまく描かれていますよね。厩戸皇子の髪に飾られている花もたんぽぽや野の花など、毎回違っていて楽しいです♪
2011年01月18日 22:19
たかじいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
『大いなる助走』はドギツイ毒を期待しています(笑)。筒井さんの本は『時をかける少女』以来ですかね~。
2011年01月18日 22:21
桜子さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

アノ皇子は妖艶すぎますよ~。普通だった毛人には刺激が強すぎかも(笑)。
2011年01月18日 22:22
キーブーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

髪飾りが違うなんて全く気づきませんでした!!!
芸が細かいですね~。さっそく確認してきます!

この記事へのトラックバック